2020/10/15

狭心症・心筋梗塞・心臓弁膜症・心不全と潰瘍性大腸炎(寛解期)・クローン病(寛解期)・過敏性腸症候群(IBS)の方に向けた食事支援機能を提供開始

おいしい健康をご利用いただき、誠にありがとうございます。

今回のアップデートでは、下記7つの「食事のテーマ」が追加されました。

新たに追加される食事支援サービスの対象

  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 心臓弁膜症
  • 心不全
  • 潰瘍性大腸炎(寛解期)
  • クローン病(寛解期)
  • 過敏性腸症候群

対象となる方

上記いずれかで食事管理が必要と医師に診断された方

心臓病は治療を続けながら社会生活を送られている方も多数いらっしゃいます。食事、なかでも塩分制限の継続に難しさを感じられる方は多く、そのコントロールの不良が症状の悪化に繋がるというデータもあります。

腸疾患では、症状により日常生活の不便さや苦痛を抱えている方も多く、その症状の個人差は大きいため、自身に応じた食事療法を行うことが大切です。食事の内容が症状に影響するケースも多いことから、自身に合う日々の食事内容を模索し、悩まれている方もいらっしゃいます。

管理栄養士監修の豊富なレシピとIT技術を活用し、それぞれの疾患を有する方に必要な日々の食事管理をサポートいたします。望ましい食事内容や栄養バランスを守りながら、何を食べたら良いかわからないといったお悩みを解決すべく、塩分やコレステロールを控える、食物繊維の量に配慮する、腸への刺激を抑えるといった工夫を加えたレシピなど、エビデンスに基づいた提案で支援いたします。

おいしい健康では「誰もがいつまでも、おいしく食べられるように」という理念のもと、様々な事情で食事にお困りの方に向けて、今後も引き続きサービスを拡大してまいります。