文字サイズ

金目鯛のさっと煮

管理栄養士のおすすめコメント

金目鯛には、骨を作る時に必要なマグネシウムが比較的多く含まれています。

栄養価(1人分)

煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記のリストから除いてあります。

材料(1人分)

金目鯛
80 g
長ねぎ
15 g
車麩
5 g
えのきたけ
20 g
しょうが(せん切り)
5 g
Aだし汁(かつお節)
100 ml
A料理酒
小さじ1強 (6 g)
A減塩しょうゆ
小さじ1 (6 g)
みつば
5 g
ゆずの皮
1 g

分量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、 食べられる部分の分量を表示しています。

手順

1

長ねぎは斜め薄切りに、えのきたけは石づきをとり半分の長さに切ります。車麩は水で戻し、食べやすい大きさに切ります。

2

鍋にAとしょうがを入れて加熱します。沸騰したら、金目鯛を入れて煮ます。

3

煮汁が半分くらいになったら、長ねぎ、えのきたけ、車麩を加えて煮ます。

4

3を器に盛り、刻んだみつばとせん切りにしたゆずの皮を添えて出来上がりです。

https://oishi-kenko.com/recipes/10692

焼きパプリカマリネ

管理栄養士のおすすめコメント

パプリカにはビタミンCが多く、加熱しても壊れにくいという特徴があります。

栄養価(1人分)

煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記のリストから除いてあります。

材料(1人分)

赤パプリカ
30 g
黄パプリカ
30 g
ピーマン
30 g
ムキエビ
10 g
にんにく
1 g
オリーブ油
小さじ1/2 (2 g)
Aぶどう酢
少々
A減塩しょうゆ
小さじ1/6 (1 g)
A塩
0.2 g
A黒こしょう
少々

分量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、 食べられる部分の分量を表示しています。

手順

1

Aを合わせておく。

2

赤・黄パプリカとピーマンを半分に切り、種を取りだし、ざく切りにする。

3

フライパンにオリーブ油と薄切りにしたにんにくを入れて火にかける。

4

にんにくの香りが出たら、赤・黄パプリカ、ピーマン、ムキエビを加えて焼く。

5

保存容器にAと4を入れて、冷蔵庫でしばらくおき、味を馴染ませて出来上がり。

https://oishi-kenko.com/recipes/10693

歯ごたえしっかり ごぼうカレーマヨサラダ

管理栄養士のおすすめコメント

ごぼうの皮には強い抗酸化作用を持つポリフェノールの一種の成分が含まれている為、皮ごと食べると余すことなく摂取できます。

栄養価(1人分)

煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記のリストから除いてあります。

材料(1人分)

ごぼう
60 g
胡瓜
10 g
A塩
0.2 g
A黒こしょう
少々
A料理酒
小さじ1/2強 (3 g)
Aカロリーハーフマヨネーズ
小さじ1と1/4 (5 g)
Aカレー粉
小さじ1/2 (1 g)

分量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、 食べられる部分の分量を表示しています。

手順

1

ごぼうの皮をむき、厚めの斜め切りにして水にさらしアクをとる。その後、下茹でをし、粗熱をとる。

2

胡瓜もごぼうと同じくらいの大きさの斜め切りにする。

3

Aの調味料を合わせる。

4

ボウルにごぼう、胡瓜、A(調味料)を入れ和える。

https://oishi-kenko.com/recipes/10694