文字サイズ

フライパンで簡単とろとろロールキャベツ

管理栄養士のおすすめコメント

じっくり煮込めばキャベツがとろりととろけます。スープまでおいしくいただける、フライパンで簡単に作れるロールキャベツです。

栄養価(1人分)

煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記のリストから除いてあります。

材料(1人分)

合びき肉(赤身ひき肉)
80 g
キャベツ
80 g
たね用
溶き卵
25 g
パン粉
大さじ1 (3 g)
0.5 g
こしょう
少々
スープ
150 ml
顆粒コンソメ
小さじ1弱 (2.5 g)
ローズマリー
1 g

分量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、 食べられる部分の分量を表示しています。

手順

1

キャベツは1枚ずつていねいにはがし、しんなりとするまで熱湯でゆでます。

2

芯の分厚い部分はそぎ、みじん切りにします。

3

ボウルに2と肉、たね用の調味料を入れ、粘りけが出るまでこねます。

4

3を一人2個付けになるよう等分し、成形してキャベツで包みます。

5

フライパンに4の巻き終わりを下にして並べ、水と顆粒コンソメ、ローズマリーを入れて中火にかけます。

6

煮立ったら弱火にし、落しぶたをして15分ほど煮ます。中まで火が通ったら出来上がりです。

途中上下を返したり、スープをかけたりしてください。

https://oishi-kenko.com/recipes/15968

じゃがいものカレー粉炒め

管理栄養士のおすすめコメント

カレーの風味で食欲アップ。おつまみにも、お弁当のおかずにも重宝する一品です。

栄養価(1人分)

煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記のリストから除いてあります。

材料(1人分)

じゃがいも
80 g
サラダ油
小さじ1/2 (2 g)
カレー粉
小さじ1/4 (0.5 g)
しょうゆ
小さじ1/3 (2 g)

分量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、 食べられる部分の分量を表示しています。

手順

1

じゃがいもはくし形切りにし、5分ほど水にさらして、水けをしっかりときります。

厚く切ると焼くのに時間がかかるため、薄いくし形切りにします。

2

フライパンにサラダ油を弱火で熱し、じゃがいもを焼きます。

3

両面焼き色がついてやわらかくなったら、カレー粉としょうゆを加え、さっと炒め合わせて出来上がりです。

https://oishi-kenko.com/recipes/15986

水菜とパプリカのおしゃれサラダ

管理栄養士のおすすめコメント

香ばしいアーモンドがアクセントの水菜のサラダ。彩り鮮やかなパプリカは、ビタミンCがたっぷり。1日分の約半分が摂取できます

栄養価(1人分)

煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記のリストから除いてあります。

材料(1人分)

水菜
30 g
赤パプリカ
10 g
黄パプリカ
10 g
アーモンド(無塩)
1 g
ノンオイルフレンチドレッシング
5 g

分量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、 食べられる部分の分量を表示しています。

手順

1

水菜は3cmの長さに切り、パプリカは薄切りにします。両方とも水に5分ほどさらし、水けをしっかりときります。

2

アルミホイルにアーモンドをのせ、オーブントースターで2分ほど焼きます。

加熱時間は2人分の目安です。焦げないように注意して下さい。

3

2の粗熱が取れたら、麺棒などで細かく砕きます。

4

1を器に盛り、アーモンドを散らします。食べる直前にドレッシングをかけて出来上がりです。

https://oishi-kenko.com/recipes/3348

苺の寒天ゼリー

管理栄養士のおすすめコメント

いちごの甘酸っぱさが、寒天の食感とベストマッチ。クリスマスやおもてなしに喜ばれる一品です。

栄養価(1人分)

煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記のリストから除いてあります。

材料(1人分)

いちご
60 g
粉寒天
小さじ1/6弱 (0.5 g)
100 ml
砂糖
大さじ2/3 (6 g)

分量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、 食べられる部分の分量を表示しています。

手順

1

いちごの半分量は食べやすい大きさに切り、残りは茶こしで潰しながらこし、果汁と実に分けます。

2

こしたいちごの実を容器の底にしきます。

3

小鍋に粉寒天と水を入れ、弱火で加熱します。絶えず混ぜながら煮立ってきたら、さらに2分ほど加熱します。

粉寒天は十分に加熱し、ざらざらとした溶け残りがないか確認してください。

4

火を止め、砂糖といちごの果汁を加え、混ぜます。

5

2に静かに流し入れ、残りのいちごを入れます。冷蔵庫で冷やしかためて出来上がりです。

https://oishi-kenko.com/recipes/15993