文字サイズ

からしレンコン

管理栄養士のおすすめコメント

熊本の郷土料理、からし蓮根。硬さが気になる時は、トロミのあるあんかけをソースにしても美味しく食べやすいです。

栄養価(1人分)

煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記のリストから除いてあります。

材料(1人分)

れんこん
75 g
A白みそ
小さじ1と2/3 (10 g)
A和からし
小さじ1/6 (1 g)
Aパン粉
大さじ1と2/3 (5 g)
Aみりん
少々
B小麦粉
大さじ1と2/3 (15 g)
B卵黄
2 g
B塩
0.1 g
B水
少々

分量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、 食べられる部分の分量を表示しています。

手順

1

※れんこん1本分で作ります(1人分の8倍量です) れんこんをよく洗って皮をむき、両端を切る。

2

鍋に水を入れて酢を少々(分量外)加え、れんこんがやわらかくなるまで火にかける。ザルに上げて水切りし、冷ます。

3

パン粉をみりん少々でやわらかくし、Aを全部混ぜる。(みそがゆるくならないよう、みりんの量に注意)

4

2のれんこんの切り口を3のみその中に押さえつけ、れんこんを回しながら押さえて3をれんこんの穴の中に詰めていく。

5

れんこんの穴にみそが全部入るまで詰める。

6

5の周りについたみそをふき取り、保存容器に入れて冷蔵庫で数時間(できれば一晩)寝かせる。穴から出てきたみそは、ふき取る。

7

Bを全部混ぜ、てんぷらの衣よりかための衣を作る。

8

6を握って少し押して、穴から出る余分なみそをふき取り、小麦粉(分量外)をまぶす。

9

8に7の衣をからめて金串で持ち上げ、180度に熱したたっぷりの油の中に入れて、ひっくりかえしながらきつね色に揚げる。

10

冷めてからスライス、または、食べやすいよう薄くスライスしてからひと口大にする。

11

やわらく作りたい時はれんこんをすりつぶし、片栗粉を混ぜて作ったれんこんもちに、 Aの材料を包んで揚げても。

https://oishi-kenko.com/recipes/1385