文字サイズ

卵1個で作る山芋入りふんわり優しい天津飯

管理栄養士のおすすめコメント

山芋を加えてふんわり焼き上げた卵をご飯にのせて、甘酢あんを程よくかけます。おいしさと減塩を両立させた天津飯レシピです。

栄養価(1人分)

煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記のリストから除いてあります。

材料(1人分)

卵(1個/人)
50 g
山芋
40 g
かに風味かまぼこ
10 g
小ねぎ(小口切り)
2 g
0.2 g
こしょう
少々
小さじ1/2 (2 g)
あん
100 ml
鶏ガラスープの素
小さじ1/3強 (1 g)
しょうゆ
小さじ1 (6 g)
砂糖
小さじ1 (3 g)
小さじ1/2 (2.5 g)
小さじ1/3弱 (1.5 g)
0.2 g
水溶き片栗粉
小さじ1 (5 g)
片栗粉
小さじ1 (3 g)
ご飯
麦ご飯(押し麦3割)
150 g

分量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、 食べられる部分の分量を表示しています。

手順

1

あんを作ります。あんの材料を入れて火にかけ、ふつふつしてきたら水溶き片栗粉を加え、混ぜます。

2

卵に山芋をすりおろして加え、塩、こしょうを振り、よく混ぜます。

3

かに風味かまぼこをほぐして入れ、半量のねぎを入れます。

4

フライパンをよく温めて、油を入れます。卵液を一気に流し入れ、箸で大きく混ぜます。

5

フライパンの真ん中に卵が丸くなるように箸で寄せます。

6

卵が固まってきたら、裏返して裏面も少し焼きます。

7

ご飯を、茶碗を使って丸く形を作り、器に盛ります。

8

7に6の卵を焼き色のキレイな面を上にしてをのせ、あんをかけます。

9

残りのねぎを散らして出来上がりです。

https://oishi-kenko.com/recipes/3703