スタミナ 鶏レバー丼 玉ねぎニラしょうが

スタミナ 鶏レバー丼 玉ねぎニラしょうが

管理栄養士のおすすめコメント

香味野菜やオイスターソースの風味で、レバーが苦手な方でも食べやすい。貧血対策に有効な鉄や葉酸の一日分が摂取できます。

栄養価(1人分)

カルシウム
21mg
マグネシウム
37mg
リン
270mg
6.2mg
亜鉛
3.0mg
ビタミンA
8429µg
ビタミンE
0.8mg
ビタミンB1
0.29mg
ビタミンB2
1.12mg
ビタミンB6
0.57mg
ビタミンB12
26.7µg
葉酸
805µg
ビタミンC
17mg
ビタミンD
0.1µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

鶏レバー
60 g
60.0 g
Aにんにく(チューブ)旬
1.5 g
1/3片 (1.6 g)
A醤油
小さじ1/4 (1.5 g)
1.5 g
A五香粉
少々
0.1 g
小麦粉(薄力粉)
小さじ2/3 (2 g)
2.0 g
片栗粉
小さじ2/3 (2 g)
2.0 g
玉ねぎ
30 g
1/6個 (32 g)
ニラ
10 g
1/8束 (11 g)
しょうが旬
2 g
1/6片 (2.5 g)
0.2 g
0.2 g
サラダ油
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
ごま油
小さじ1/3強 (1.5 g)
1.5 g
Bオイスターソース
小さじ1/2弱 (2.5 g)
2.5 g
Bしょうゆ
小さじ1/2 (3 g)
3.0 g
B酒
小さじ1/2 (2.5 g)
2.5 g
B砂糖
小さじ1/3 (1 g)
1.0 g
麦ご飯(押し麦3割)
140 g
140.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

ニラは5mm幅に刻み、玉ねぎは繊維に沿って薄切りにしてほぐし、しょうがは千切りにします。

2

鶏レバーをサッと洗い、白い部分をカットして血の塊を包丁の先で取り除き、 小さくカットします。

3

ボウルにたっぷり水を入れて、レバーをカットしたら入れます。

4

新しい水に入れ替えて10分浸しておきます。 室温が高い場合は冷蔵庫に入れておきます。

5

再び水を変え、水の中を優しくかき混ぜてから水を捨て、水気をキッチンペーパーでふき取り、乾いたボウルに入れます。

6

Aを加えて箸で混ぜ合わせます。 小麦粉と片栗粉を加え、箸でまんべんなく絡むように混ぜます。

7

丼にごはんをよそります。 フライパンにサラダ油を入れて強火で熱し、玉ねぎ、にら、塩を加えて10秒ほどサッと炒めます。

8

7をごはんの上に乗せます。

9

空いたフライパンを強めの中火にかけてしょうがを炒め、鶏レバーを一気に加えて、 菜箸でほぐしながら炒めます。

10

鶏レバーの色が変わってきたら、 ごま油を加えます。

11

ぷっくりして中まで完全に火が通るまで菜箸で転がしながら約4分炒め、野菜の上に乗せます。

12

空いたフライパンにBを入れて強めの中火で煮詰め、ほどよい濃度になったら鶏レバーに回しかけて完成です。

最近見たレシピ