お酒を飲みすぎると何がいけないの?

お酒を飲む時に気をつけたいこと

一緒に何かを食べる

胃に何も入っていないとアルコールの吸収が速くなり酔いが回りやすくなったり、胃酸が出て胃を荒らしてしまうことも。食べ物が胃に入っていると、胃の粘膜のうえに層ができて胃の刺激が少なくなります。

▼おうち飲みにおすすめ、ヘルシーおつまみ

満腹ヘルシー きのこのみぞれ蒸し
by koumedesuさん
大根おろしでさっぱり
お豆たっぷりツナとブロッコリーのサラダ
by liqueur☆さん
食物繊維もしっかりとれる
鶏ささ身と豆苗のザーサイ和え
by おいしい健康さん
食べごたえもたっぷり

一緒に水、ビタミンB1を

アルコールを分解する際にビタミンB1を消耗するため、ビタミンB1を含む食べ物を一緒にとるのもよいでしょう。

ビタミンB1は大豆製品や豚肉に多く含まれるほか、微量ながらも多くの野菜に含まれています。その他のビタミン、ミネラル、食物繊維もとれ、カロリーが低めな野菜のおかずを一緒に食べるのがおすすめ。

また、アルコールは抗利尿ホルモンの働きを妨げてしまうので、必要以上に尿が作られ、脱水症状にもなりかねません。脱水症状を防ぐため、一緒に水を飲むのがおすすめです。

一緒に水を飲むことでアルコール濃度を薄めて肝臓への負担を軽くしてくれる役割もあります。

▼おうち飲みにおすすめ、ビタミンB1レシピ

枝豆とひじきと人参のサラダ
by keiかなさん
歯ごたもたっぷり
豚肉のカリカリ焼き
by おいしい健康さん
カリカリ食感が楽しめる
ブロッコリーの豚肉巻き
by mojさん
カリカリ食感が楽しめる

飲酒にメリットはあるの?

アルコールには胃酸の分泌を盛んにして消化を助けたり、食欲を増進する働きも。ほろ酔い程度の酒量であれば、ストレス発散やリラックス効果、緊張感をほぐすなどの効果もあります。

しかし、短時間に大量のお酒を飲んだり、大量に飲酒することを長期間続けることは、肝臓の負担をかけることになることは前述した通り。

適量は個人の体質、体重などによって異なるため、一概には言えませんが、泥酔、酩酊するまで飲むのは考えものです。

お酒は適量を、楽しく飲む

大量にアルコールを摂取するのは肝臓などに負担をかけますが、適量のお酒には気分を爽快にしてくれるなどメリットもあります。お酒を飲むときは、おつまみの内容に気をつけ、一緒に水を飲むなどしながら、体の負担を少なくしながら楽しく飲みましょう。

アルコールの分解で働き詰めの肝臓の機能を修復させ、休ませるためにも週に2回は休肝日を設けて肝臓をいたわることもお忘れなく!

文:ミヤタナツ
監修:おいしい健康管理栄養士