おなかにやさしいチキンカレー

おなかにやさしいチキンカレー
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

辛味の強いスパイスを使わず、クミンやコリアンダーで香り豊かなカレーに。IBDの方でも安心して召し上がっていただけます。

栄養価(1人分)

カルシウム
92mg
マグネシウム
52mg
リン
302mg
1.1mg
亜鉛
2.9mg
ビタミンA
56µg
ビタミンE
1.4mg
ビタミンB1
0.21mg
ビタミンB2
0.26mg
ビタミンB6
0.47mg
ビタミンB12
0.3µg
葉酸
42µg
ビタミンC
15mg
ビタミンD
0.2µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

IBD(潰瘍性大腸炎やクローン病)の方でも安心して召し上がっていただけるカレーです。辛味の強いスパイスは使わず、お腹にやさしいクミンやコリアンダーで香り豊かなカレーに仕上げました。玉ねぎをしっかり炒めて味に深みを出すのがおいしさのポイントです。辛味をやや効かせたい方は、ターメリックの半量をカレー粉にしてもよいでしょう。

読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

鶏もも(皮なし)
80 g
80.0 g
小麦粉
小さじ1弱 (2.5 g)
2.5 g
玉ねぎ(みじん切り)
70 g
1/3個 (74 g)
オリーブ油
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
おろししょうが
1 g
1.0 g
Aターメリック
小さじ1/2 (1 g)
1.0 g
Aクミン
小さじ1/4 (0.5 g)
0.5 g
Aコリアンダー
0.5 g
0.5 g
Aシナモンパウダー
少々
0.1 g
Aガーリックパウダー
少々
0.1 g
B水煮トマト
50 g
50.0 g
Bヨーグルト
50 g
50.0 g
B水
50 ml
50.0 g
B顆粒コンソメ
1.5 g
1/3個 (1.5 g)
B塩
小さじ1/6弱 (0.8 g)
0.8 g
B砂糖
小さじ1/6 (0.5 g)
0.5 g
ご飯
180 g
180.0 g
パセリ(みじん切り)
0.5 g
0.6 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1
59142

鶏肉は一口大に切ります。水煮トマトはざるでこし、種と皮を取り除きます。

2

鍋に油を熱し、玉ねぎを黄金色からあめ色になるまでじっくり炒めます。小麦粉をまぶした鶏肉を入れ、さらに炒めます。

玉ねぎをしっかり炒めると味に深みがでます。時間がないときは市販の炒め玉ねぎ(ノンオイル)を使ってもよいでしょう。

3
59144

おろししょうがとAを加えて炒め、Bを加えます。酸味が飛ぶまで、20分ほど煮ます。

4
59145

器にご飯を盛り付けて3のカレールーをかけ、ご飯にパセリを散らします。

最近見たレシピ