わかめスープ

わかめスープ
by 吉田勝彦

栄養価(1人分)

カルシウム
33mg
マグネシウム
27mg
リン
102mg
1.8mg
亜鉛
0.6mg
ビタミンA
10µg
ビタミンE
0.3mg
ビタミンB1
0.08mg
ビタミンB2
0.17mg
ビタミンB6
0.11mg
ビタミンB12
0.8µg
葉酸
21µg
ビタミンC
2mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

深緑色のわかめと、白色の湯葉のコントラストが美しい、目にもおいしいスープです。
主役のわかめは、肉厚で食べごたえのある、塩蔵わかめがおすすめ。下ごしらえは、わかめに付いている塩を流水で洗い、水に10分ほどつけておくだけです。

あっさりとしたやさしい味に、貝割れ菜の辛味と、挽きたての黒こしょうの香りがアクセント。さっと作れて、どんな料理ともよく合います。

読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

塩蔵わかめ
10 g
10.0 g
貝割れ菜
5 g
1/8パック (5.0 g)
生ゆば
25 g
25.0 g
鶏ガラスープ
150 ml
150.0 g
日本酒
大さじ1 (15 g)
15.0 g
小さじ1/4 (1.5 g)
1.5 g
ごま油
小さじ1/4 (1 g)
1.0 g
黒こしょう
少々
0.1 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

塩蔵わかめは表面の塩を洗い流してから水に10分ほどつけて塩を抜き、食べやすい大きさに切っておきます。

2
61697

生ゆばは一口大に切ります。貝割れ菜は根の部分を切り落とし、半分の長さに切ります。

3

鍋に鶏ガラスープを入れ、わかめと生ゆばを入れます。

4
61699

日本酒と塩を入れてひと煮立ちしたら貝割れ菜を入れ、最後にごま油を回し入れます。

5
61700

器に黒こしょうを入れてから、3のスープを注いで出来上がりです。

このレシピは、家庭料理の基本的な作り方を解説することを目的としております。そのため、栄養価を計算・表示するのみで、管理栄養士による監修は行っておりません。ご利用の際はレシピの栄養価表示、または献立帳の栄養データを参照するなど、十分ご注意下さい。
最近見たレシピ