かき揚げ

かき揚げ
by ワタナベマキ

管理栄養士のおすすめコメント

ごま油の香りをまとった香ばしい衣に、えび、玉ねぎ、三つ葉それぞれが彩りよく入ったかき揚げ。

栄養価(1人分)

カルシウム
60mg
マグネシウム
25mg
リン
203mg
1.4mg
亜鉛
1.0mg
ビタミンA
88µg
ビタミンE
2.8mg
ビタミンB1
0.09mg
ビタミンB2
0.11mg
ビタミンB6
0.15mg
ビタミンB12
0.7µg
葉酸
55µg
ビタミンC
6mg
ビタミンD
0.5µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

レシピ動画

このレシピのエピソード

かき混ぜて揚げることから、その名が付いたかき揚げ。えびや三つ葉などの具材が彩りよく詰まった贅沢な一品です。
玉ねぎの甘みとごま油の香りで、塩を付けずそのままでもおいしく召し上がっていただけます。
さらっとした和え衣で揚げると、冷えてもさくさく、おいしい食感が長続きします。

読み込み中 読み込み中

材料

芝えび(むき身)
40 g
80 g
みつば
16 g
17 g
玉ねぎ
40 g
1/4個 (43 g)
片栗粉(えび用)
大さじ1 (9 g)
9.0 g
薄力粉
大さじ1強 (10 g)
10.0 g
揚げ油
適量
適量
ごま油
大さじ1/2 (6 g)
6.0 g
0.5 g
0.5 g
調味料A
卵黄
9 g
1/2個 (9.0 g)
冷水
60 ml
60.0 g
薄力粉
28 g
28.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1
64325

えびは背わたを取り、片栗粉をまぶして流水でもみ洗いし、水けをきり、ペーパーで水けを拭きます。

片栗粉はえびの臭みを取り、プリッとした食感にしてくれます。

2

みつばは根元を切り落とし3cm幅に切り、玉ねぎは繊維に沿って3〜4mm幅の薄切りにします。

3
64327

調味料Aの卵黄と冷水を混ぜ合わせ、薄力粉を加えて少し粉が残る程度に手早く混ぜます。

薄力粉に液体を加えるとグルテンという粘りの成分が出やすいので、液体に薄力粉を入れます。

4

1、2を合わせて人数分に等分し、1個分をボウルに入れ薄力粉を薄くまぶし、3の衣を加えてさっと混ぜます。

さらっとした濃度の衣にすると、サクッと軽い食感に揚がります。濃度が変わったら、粉か水を足して調整してください。

5

揚げ油を170℃に熱しごま油を加え、4をお玉にのせて形を整え、油の中に滑らせるように入れます。

ごま油で天ぷらを揚げると香りが豊かに仕上がります。

6

40秒ほど動かさずに揚げ、表面が軽く火が通ったら裏返して30秒ほど揚げます。

細かく散った衣は菜箸で戻して衣をまとめます。

7
64331

菜箸で2、3箇所刺して空気を入れ、全体が色づき、揚げる音があまりしなくなってきたら出来上がりです。

菜箸で刺して空気を入れることで、余分な蒸気が外に逃げてサクッとした食感に揚げ上がります。

8
64332

器に盛りつけ、塩を添えます。

このレシピは、家庭料理の基本的な作り方を解説することを目的としております。そのため、栄養価を計算・表示するのみで、管理栄養士による監修は行っておりません。ご利用の際はレシピの栄養価表示、または献立帳の栄養データを参照するなど、十分ご注意下さい。
最近見たレシピ