麻婆厚揚げ・チンゲン菜さっぱり炒め・きび入りご飯のお弁当

麻婆厚揚げ・チンゲン菜さっぱり炒め・きび入りご飯のお弁当
by ウー・ウェン

麻婆豆腐をお弁当でも食べられるように厚揚げでアレンジ。ピリ辛の厚揚げがくせになります。

栄養価(1人分)

カルシウム
493mg
マグネシウム
147mg
リン
445mg
6.8mg
亜鉛
3.7mg
ビタミンA
67µg
ビタミンE
2.2mg
ビタミンB1
0.28mg
ビタミンB2
0.19mg
ビタミンB6
0.33mg
ビタミンB12
0.2µg
葉酸
97µg
ビタミンC
10mg
ビタミンD
0.5µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

しっかり煮込んで、味のしみた厚揚げがご飯にもよく合います。
添えるのは、塩・こしょうのみでさっぱり仕上げた青梗菜の炒めもの。ちくわとしめじのうまみで味がまとまります。

読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

■麻婆厚揚げ
 
 
厚揚げ
180 g
180.0 g
ねぎ(青い部分)
10 g
1/8本 (17 g)
Aみそ
大さじ1/2 (9 g)
9.0 g
A豆板醤
小さじ1弱 (6 g)
6.0 g
A甜麺醤
小さじ1/2 (3.5 g)
3.5 g
A水
100 ml
100.0 g
花椒粉
少々
0.1 g
片栗粉
小さじ2/3 (2 g)
2.0 g
■チンゲン菜としめじとちくわのさっぱり炒め
 
 
チンゲン菜
35 g
41 g
しめじ
25 g
1/4パック (28 g)
焼きちくわ
30 g
30.0 g
0.5 g
0.5 g
こしょう
少々
0.1 g
ごま油
大さじ1 (12 g)
12.0 g
■きび入りご飯
 
 
75 g
1/2合 (75.0 g)
きび
6 g
6.0 g
120 ml
120.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

【きび入りご飯】米を洗い、きびと分量の水を入れて炊飯します。

2

【麻婆厚揚げ】厚揚げを小さめの一口大に切り、ねぎを小口切りにします。

3

フライパンにAの調味料を入れ、沸々するまで加熱します。

4

厚揚げを入れ、蓋をして、味がしっかり染みるまで中弱火で煮ます。

5

煮汁が少なくなったら同量の水で溶いた片栗粉を入れてとろみをつけます。

6
73883

ねぎを混ぜ合わせ、花椒粉を振ったら麻婆厚揚げの出来上がりです。

7

【チンゲン菜としめじとちくわのさっぱり炒め】チンゲン菜は4cm長さに切り、ちくわはななめ切りに、しめじはほぐします。

8

フライパンにごま油をひき、ちくわ、しめじをじっくりと炒めます。

9

いい香りがしてきたら塩、こしょうで味付けします。

10
73887

チンゲン菜を加えてさっと炒め、火を止めて余熱で火を入れたら、さっぱり炒めの出来上がりです。

11
73888

お弁当箱にきび入りごはん、6、10を詰めたら完成です。

このレシピは、家庭料理の基本的な作り方を解説することを目的としております。そのため、栄養価を計算・表示するのみで、管理栄養士による監修は行っておりません。ご利用の際はレシピの栄養価表示、または献立帳の栄養データを参照するなど、十分ご注意下さい。
最近見たレシピ