ダイエットに☆納豆おくらキムチ丼

ダイエットに☆納豆おくらキムチ丼

栄養士のおすすめコメント

血糖値を安定させる食材が勢揃い!納豆の成分ナットウキナーゼは血栓予防にも効果があります。キムチと合わせて免疫力もUP!

栄養価(1人分)

カルシウム
103mg
マグネシウム
87mg
リン
189mg
2.4mg
亜鉛
2.2mg
ビタミンA
36µg
ビタミンE
0.8mg
ビタミンB1
0.12mg
ビタミンB2
0.37mg
ビタミンB6
0.26mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
139µg
ビタミンC
18mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

ご飯(雑穀米)
140.0 g
140 g
おくら
30.0 g
4本 (35 g)
納豆
50.0 g
1パック (50 g)
たくあん
3.0 g
3.0 g
キムチ
15.0 g
15 g
わさび菜旬
8.0 g
8.7 g
ねぎ旬
25.0 g
1/4本 (42 g)
醤油
小さじ1 (6.0 g)
6.0 g
わさび
小さじ1/4弱 (0.8 g)
0.8 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

サラダわさび菜を1cmずつ切る。 サラダわさび菜のかわりにほうれん草や水菜など、お好みのお野菜を小さく切る。

2

たくあん、おくらも5mm×5mmくらいのコロコロ正方形になるような形に程よく小さく切る。 ねぎは輪切りする。

3

納豆をたれを入れて混ぜ混ぜ。 どんぶりにご飯を盛り、切った材料とキムチ・納豆を色がきれいにみえるよう盛り付ける。

4

小皿に醤油とわさびをいれて、食べるときに混ぜ、出来上がり♪

最近見たレシピ