酢こしょうでさっぱり 焼餃子

酢こしょうでさっぱり 焼餃子
おいしい健康

栄養士のおすすめコメント

乾煎りして水分を飛ばしうまみを濃縮した白菜と、豚肉の具がおいしさのポイント。たれは酢とこしょうの組み合わせで。

栄養価(1人分)

カルシウム
35mg
マグネシウム
28mg
リン
129mg
1.3mg
亜鉛
2.3mg
ビタミンA
10µg
ビタミンE
0.8mg
ビタミンB1
0.54mg
ビタミンB2
0.19mg
ビタミンB6
0.34mg
ビタミンB12
0.4µg
葉酸
38µg
ビタミンC
10mg
ビタミンD
0.3µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

餃子の皮(1人当たり7枚)
44 g
7枚 (44.0 g)
白菜
50 g
1/2枚 (53 g)
豚ひき肉
70 g
70.0 g
A にんにく(すりおろし)旬
1 g
1/4片 (1.1 g)
A 塩
0.5 g
0.5 g
A ごま油(下味用)
小さじ1/4 (1 g)
1.0 g
サラダ油
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
ごま油(仕上げ用)
小さじ1/4 (1 g)
1.0 g
大さじ2 (30 g)
30.0 g
B 酢
大さじ2/3 (10 g)
10.0 g
B こしょう
0.5 g
0.5 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

下準備

1

白菜はみじん切りにします。空のフライパンに入れて、しんなりするまで乾煎りし、冷ましておきます。

手順

1

ボウルに下ごしらえした白菜とひき肉、Aを入れ、白っぽくなるまでよく混ぜ合わせます。

2

1を餃子の皮で包みます。1人あたり7個作ります。

3

フライパンに油をひき、2の餃子を並べて中火で2分ほど焼きます。焼き色がついたら、水を加えて蓋をし、蒸し焼きにします。

4

水けが少なくなったら、ふたを取り、ごま油を加えて水けを飛ばします。

5

4を器に盛り、混ぜ合わせたBを添えて出来上がりです。

最近見たレシピ