お吸い物

お吸い物
by ワタナベマキ

管理栄養士のおすすめコメント

だしのおいしさが活きるお吸い物。だし汁の味わいになじむ具材を入れて。

栄養価(1人分)

カルシウム
43mg
マグネシウム
15mg
リン
95mg
1.1mg
亜鉛
0.3mg
ビタミンA
52µg
ビタミンE
0.3mg
ビタミンB1
0.07mg
ビタミンB2
0.07mg
ビタミンB6
0.08mg
ビタミンB12
0.8µg
葉酸
30µg
ビタミンC
8mg
ビタミンD
0.4µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

レシピ動画

このレシピのエピソード

お吸い物は、だしが主役です。かつお節は高温すぎるとえぐみが出るので、加える直前に水を加え、いったん温度を下げてから加えて煮出すと、風味が活きます。小松菜のほか、旬に合わせて菜の花に替えてもおいしくいただけます。

読み込み中 読み込み中

材料

作りやすい分量

4人分が作りやすい分量です。

はんぺん
100 g
1枚 (100.0 g)
しめじ
40 g
1/2パック (44 g)
小松菜
80 g
1/3束 (94 g)
大さじ1と1/3 (20 g)
20.0 g
うす口しょうゆ
大さじ1と1/3 (24 g)
24.0 g
小さじ1/3弱 (1.6 g)
1.6 g
だし
800 ml
800.0 g
昆布(3cm角1枚)
1 g
1.0 g
かつお節
20 g
20.0 g
水(追加用)
100 ml
100.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

下準備

1

昆布をペーパータオルなどでさっと拭き、だし用の水と昆布を小鍋に入れ、1時間ほど常温においておきます。

手順

1

水と昆布が入った小鍋を弱めの中火にかけ、昆布に気泡が出てきたら取り出します。追加用の水を入れてから、かつお節を加えます。

かつお節を煮出す際、温度が高すぎるとえぐみがでるので、水を追加して、温度を下げてから加えます。

2

弱火にして、2分ほど煮たら火を止めます。そのまま5分ほどおき、ざるでこします。

3

はんぺんは7〜8mm厚さの短冊切りにし、しめじは石づきを取って小房に分けます。

4
78684

小松菜は塩少々(分量外)を加えた湯で約1分ゆでて冷水にとり、水けをきってからペーパータオルなどで拭きます。

冷水にとって色止めをし、きれいな色に仕上げます。

5

鍋に2のだし汁と酒を入れて中火にかけ、はんぺんとしめじを加えます。

6

煮立ったら、うす口しょうゆと塩、小松菜を加えてさっと煮ます。

7
78686

器にはんぺん、しめじと小松菜を盛り付け、だし汁を注いで出来上がりです。

このレシピは、家庭料理の基本的な作り方を解説することを目的としております。そのため、栄養価を計算・表示するのみで、管理栄養士による監修は行っておりません。ご利用の際はレシピの栄養価表示、または献立帳の栄養データを参照するなど、十分ご注意下さい。
最近見たレシピ