豚のしょうが焼き

豚のしょうが焼き
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

しょうががたっぷりと入った豚のしょうが焼き。最後にしょうがを入れるので、しょうががよく香り、食欲をそそります。

栄養価(1人分)

カルシウム
44mg
マグネシウム
38mg
リン
184mg
0.7mg
亜鉛
1.5mg
ビタミンA
21µg
ビタミンE
0.9mg
ビタミンB1
0.60mg
ビタミンB2
0.17mg
ビタミンB6
0.38mg
ビタミンB12
0.2µg
葉酸
70µg
ビタミンC
36mg
ビタミンD
0.1µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

豚肉に筋切りをしておくことで、縮まるのを防ぎ、見た目もボリューミーに。たっぷりのしょうがを効かせることで、薄味のしょうが焼きでも満足感のある味わいになります。

読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

豚ロース肉(しょうが焼き用)
80 g
80.0 g
A酒
小さじ1 (5 g)
5.0 g
A白こしょう(黒でも可)
少々
0.1 g
薄力粉
適量
適量
サラダ油
小さじ3/4 (3 g)
3.0 g
しょうが
10 g
3/4片 (13 g)
B砂糖
小さじ1/3 (1 g)
1.0 g
Bしょうゆ
小さじ1 (6 g)
6.0 g
B酒
小さじ1 (5 g)
5.0 g
キャベツ
75 g
2枚 (88 g)
貝割れ菜
8 g
1/6パック (8.0 g)
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1
81774

キャベツはせん切りにし、貝割れ菜は根元を切り落としたら、湯で20〜30秒ゆで、冷水に取り、15分ほど水にさらします。

2
81574

豚ロース肉は焼いたときに縮まないように、数ヶ所に筋切りをしておきます。

3

下味用の調味料Aをまぶし、薄力粉を茶こしで薄くまぶします。

4
81576

調味料Bを混ぜ合わせます。しょうがは細切りにします。

5

フライパンに油を入れて火をつけ、しょうがを軽く炒めたら、3の豚ロース肉を重ならないように並べて両面を中火で焼きます。

6

一旦火を止め、混ぜ合わせておいた調味料Aを入れます。

7
81579

再び火を付けて中火にし、フライパンをゆすりながら混ぜ合わせます。

8

器にキャベツと貝割れ菜をのせて、7の豚ロース肉をのせます。最後にフライパンに残った汁を豚肉にかけて出来上がりです。

最近見たレシピ