豚のしょうが焼き 豚のしょうが焼き

豚のしょうが焼き

  • エネルギー 290 kcal
  • 食塩相当量 1.0 g

豚のしょうが焼き

  • エネルギー 290 kcal
  • 食塩相当量 1.0 g
おいしい健康

多めのしょうがが味のポイント。仕上げに加えることでしょうががよく香り、食欲をそそります。
  • 塩分カット
  • カリウムを減らす工夫

このレシピのエピソード

豚肉に筋切りをしておくことで、縮まるのを防ぎ、見た目もボリューミーに。たっぷりのしょうがを効かせることで、薄味のしょうが焼きでも満足感のある味わいになります。


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
レシピの栄養価が表示されます

すべての栄養価(1人分)を表示 すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
290 kcal
たんぱく質
17.4 g
脂質
18.6 g
炭水化物
9.4 g
コレステロール
49 mg
食塩相当量
1.0 g
食物繊維
1.8 g
カリウム
460 mg
カルシウム
44 mg
マグネシウム
38 mg
リン
184 mg
0.7 mg
亜鉛
1.5 mg
ビタミンA
21 µg
ビタミンE
0.9 mg
ビタミンB1
0.60 mg
ビタミンB2
0.17 mg
ビタミンB6
0.38 mg
ビタミンB12
0.2 µg
葉酸
70 µg
ビタミンC
36 mg
ビタミンD
0.1 µg
エネルギー
290 kcal
たんぱく質
17.4 g
脂質
18.6 g
炭水化物
9.4 g
コレステロール
49 mg
食塩相当量
1.0 g
食物繊維
1.8 g
カリウム
460 mg
カルシウム
44 mg
マグネシウム
38 mg
リン
184 mg
0.7 mg
亜鉛
1.5 mg
ビタミンA
21 µg
ビタミンE
0.9 mg
ビタミンB1
0.60 mg
ビタミンB2
0.17 mg
ビタミンB6
0.38 mg
ビタミンB12
0.2 µg
葉酸
70 µg
ビタミンC
36 mg
ビタミンD
0.1 µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 1 人分

  • 豚ロース肉(しょうが焼き用)
    80 g
  • A酒
    小さじ1 (5 g)
  • A白こしょう(黒でも可)
    少々
  • 薄力粉
    適量
  • サラダ油
    小さじ3/4 (3 g)
  • しょうが
    10 g
  • B砂糖
    小さじ1/3 (1 g)
  • Bしょうゆ
    小さじ1 (6 g)
  • B酒
    小さじ1 (5 g)
  • キャベツ
    75 g
  • 貝割れ菜
    8 g
  • 豚ロース肉(しょうが焼き用)
    80.0 g
  • A酒
    5.0 g
  • A白こしょう(黒でも可)
    0.1 g
  • 薄力粉
    適量
  • サラダ油
    3.0 g
  • しょうが
    3/4片 (13 g)
  • B砂糖
    1.0 g
  • Bしょうゆ
    6.0 g
  • B酒
    5.0 g
  • キャベツ
    2枚 (88 g)
  • 貝割れ菜
    1/6パック (8.0 g)
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    キャベツはせん切りにし、貝割れ菜は根元を切り落として熱湯で20〜30秒ゆで、冷水に取って15分ほど水にさらします。
  • 2
    豚肉は焼いたときに縮まないように、数ヶ所に筋切りをしておきます。
  • 3
    豚肉にAをまぶし、薄力粉を茶こしでふるって薄くまぶします。
  • 4
    Bを混ぜ合わせます。しょうがは細切りにします。
  • 5
    フライパンに油を入れて中火で熱し、しょうがを炒めて香りが立ったら、豚肉を重ならないように並べて両面を焼きます。
  • 6
    両面がこんがりとしたら一旦火を止め、混ぜ合わせておいた調味料Aを入れます。
  • 7
    再び火を付けて中火にし、フライパンをゆすりながら混ぜ合わせます。
  • 8
    器にキャベツと貝割れ菜をのせて、7の豚ロース肉をのせます。最後にフライパンに残った汁を豚肉にかけて出来上がりです。