野菜たっぷり餃子

野菜たっぷり餃子
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

栃木県のにらの生産量は全国1〜2位。寒暖差が激しい土地でスタミナ源として好まれてきたことが餃子が有名になるきっかけに。

栄養価(1人分)

カルシウム
37mg
マグネシウム
22mg
リン
68mg
0.8mg
亜鉛
0.9mg
ビタミンA
47µg
ビタミンE
0.6mg
ビタミンB1
0.20mg
ビタミンB2
0.10mg
ビタミンB6
0.18mg
ビタミンB12
0.1µg
葉酸
60µg
ビタミンC
25mg
ビタミンD
0.1µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

キャベツ(みじん切り)
50 g
1枚 (59 g)
0.1 g
0.1 g
A 豚ひき肉
20 g
20.0 g
A にら(小口切り)
15 g
1/6束 (16 g)
A しょうが(すりおろし)
1 g
1.0 g
A しょうゆ
小さじ1/4 (1.5 g)
1.5 g
A 酒
小さじ1/2 (2.5 g)
2.5 g
A 顆粒鶏ガラスープの素
小さじ1/3弱 (0.7 g)
0.7 g
A こしょう
少々
0.1 g
餃子の皮
36 g
6枚 (36.0 g)
ごま油
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

キャベツに塩を振り10分おき、水けを絞ります。

2

ボウルに1とAを入れて混ぜ合わせ、餃子の皮で包みます。

3

フッ素樹脂加工のフライパンに2を並べて中火にかけます。

4

皮に焦げ目がついたら、水(分量外)を入れて蓋をし、4〜5分蒸し焼きにします。

5

蓋を取って水分を飛ばし、仕上げにごま油をかけて焼き、香りが出たら完成です。

餃子の具に味がついているので、調味料なしでもおいしくいただけます。

最近見たレシピ