あまいもチップス・もち麦入りピザ

あまいもチップス・もち麦入りピザ

管理栄養士のおすすめコメント

尼崎伝統野菜の「あまいも」を使用したレシピ。パリっとしたあまいもチップと、プチっとしたもち麦の食感が楽しいピザです。

栄養価(1人分)

カルシウム
148mg
マグネシウム
36mg
リン
182mg
2.1mg
亜鉛
1.5mg
ビタミンA
75µg
ビタミンE
2.0mg
ビタミンB1
0.22mg
ビタミンB2
0.24mg
ビタミンB6
0.18mg
ビタミンB12
2.4µg
葉酸
95µg
ビタミンC
15mg
ビタミンD
1.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

生地
強力粉
45 g
45.0 g
薄力粉
大さじ2と1/4弱 (20 g)
20.0 g
ドライイースト
小さじ1/3 (1 g)
1.0 g
ざらめ
小さじ1/2 (2.5 g)
2.5 g
ぬるま湯
100 ml
100.0 g
オリーブ油
小さじ1 (4 g)
4.0 g
0.1 g
0.1 g
もち麦
15 g
15.0 g
ソース
塩麹
小さじ1 (5 g)
5.0 g
西京みそ
小さじ1と2/3 (10 g)
10.0 g
ガーリックパウダー
0.2 g
0.2 g
黒こしょう
少々
0.0 g
具材
水菜
20 g
1/8束 (24 g)
ミニトマト
10 g
1個 (10 g)
うずらの卵
10 g
1個 (12 g)
尼いも
5 g
5.1 g
オイルサーディン
10 g
10.0 g
粉チーズ
大さじ1/2 (3 g)
3.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

ボウルに強力粉、薄力粉、ドライイースト、ざらめを入れ、スプーンなどでよく混ぜ合わせる。

2

1にぬるま湯とオリーブ油を注ぐ。

3

スプーンやヘラでさっとまとめる程度まで混ぜたら、塩を加える。

4

生地が軽くまとまってきたら、手で20分ほどこねる。

5

ときどき作業台やボウルに生地を叩きつけるようにしながら、なめらかになるまでしっかりこねる。

6

生地を丸めてボウルに入れ、乾燥しないようにラップをする。約1時間、生地が1.5〜2倍の大きさになるまで発酵させる。

7

夏場は室温で、冬場は電子レンジの発酵機能を利用するか、40℃のお湯を張った大きめのボウルに、生地の入ったボウルを重ねる。

8

生地が十分に膨らんだら、小麦粉(分量外)をまぶした人差し指を生地の真ん中にさして、穴があくかチェックする。

9

穴があけば発酵完了のサインなので、生地を叩いてガス抜きをする。

10

軽くこねて10分程度生地を休ませる。

11

鍋にたっぷりの湯を沸かし、洗ったもち麦を加えて15分茹でる。ザルにあげて水洗いし、水気を切る。

12

オーブンの天板に合わせて生地をのばす。11の1/3の量を入れ、手で生地を引っ張るようにして、のばしていく。

13

生地のふちが高くなるよう、ふちの少し内側を指で押す。

14

鍋に塩麹、西京みそ、ガーリックパウダー、黒こしょうを入れて混ぜ合わせ、ソースを作る。

15

13の上に14を塗り、残りのもち麦を乗せる。200℃に温めたオーブンで約10分焼く。

16

水菜は2cm長さに切る。ミニトマトは大きさにより半分かスライスにする。

17

鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したらうずらの卵を入れて火を止め、3分程置いてから水で冷まし、温泉卵にする。

18

尼いもは薄い輪切りにする。

19

電子レンジの庫内にキッチンペーパーを敷いて尼いもを並べる。両面それぞれ600Wで50秒ずつ加熱してチップスにする。

20

15に16〜19、オイルサーディンをのせ、粉チーズをふる。

21

切り分けて器に盛る。

最近見たレシピ