春の弁当

春の弁当
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

春の食材をたっぷりと詰め込んだ弁当。味付けは素材の味を活かしてシンプルに仕上げました。

栄養価(1人分)

カルシウム
54mg
マグネシウム
37mg
リン
204mg
1.9mg
亜鉛
3.8mg
ビタミンA
61µg
ビタミンE
1.7mg
ビタミンB1
0.17mg
ビタミンB2
0.26mg
ビタミンB6
0.32mg
ビタミンB12
0.7µg
葉酸
167µg
ビタミンC
35mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

食感の良いアスパラガスとたけのこを使って春らしい弁当に仕上げました。お花見にも年度はじめにもぴったりです。

読み込み中 読み込み中

材料

桜にぎり
ご飯
150 g
150.0 g
桜の塩漬け
2 g
2.0 g
アスパラガスの牛肉巻き
牛もも薄切り肉
50 g
50.0 g
0.2 g
0.2 g
こしょう
少々
0.0 g
アスパラガス
適量
適量
バター
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
0.2 g
0.2 g
こしょう
少々
0.0 g
たけのこのおかか煮
たけのこ水煮
20 g
40 g
しょうゆ
小さじ1/3 (2 g)
2.0 g
だし汁
大さじ2/3 (10 g)
10.0 g
かつお節
0.3 g
0.3 g
菜の花の塩昆布和え
菜の花
20 g
1/8束 (20.0 g)
塩昆布
1 g
1.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

【桜にぎり】桜の塩漬けはさっと水洗いをして塩を落とし、5分ほど水に浸して塩抜きをします。

2

ペーパータオルで桜の塩漬けの水けを拭き取り、みじん切りにしてご飯に混ぜ合わせ、俵型に握ります。

3

【アスパラガスの牛肉巻き】アスパラガスは根元を1cm切り落とし、ピーラーで根元部分の皮をむいて、半分の長さに切ります。

4

牛肉は長さ7~8cmに切って塩とこしょうを振り、アスパラガスに巻きつけます。

5

フライパンにバターを中火で熱し、牛肉の巻き終わりを下にして入れ、巻き終わりが固まったら転がして全体に焼き色をつけます。

6

塩とこしょうを振り、器に取り出したら、食べやすい長さに切ります。フライパンはペーパータオルで軽く拭きます。

7

【たけのこのおかか煮】たけのこは食べやすい大きさに薄切りにします。

8

フライパンを中火で熱し、たけのこを焼きます。焼き色がついたら、だし汁としょうゆを加えます。

9

水分がほとんどなくなったら、かつお節を加え、全体に絡めます。

10

【菜の花の塩昆布和え】菜の花は熱湯で1分ほどゆで、水にとります。水けを絞り、食べやすい大きさに切ります。

11

ボウルに菜の花と塩昆布を入れ、混ぜ合わせます。

12

お弁当箱に2、6、9、11を詰めて出来上がりです。

最近見たレシピ