タンドリーサーモン(鮭のカレー焼き) タンドリーサーモン(鮭のカレー焼き)

タンドリーサーモン(鮭のカレー焼き)

  • エネルギー 190 kcal
  • 食塩相当量 1.2 g

タンドリーサーモン(鮭のカレー焼き)

  • エネルギー 190 kcal
  • 食塩相当量 1.2 g
おいしい健康
15分以内

しょうがを加えることで、魚の臭みをやわらげ、塩分控えめでもおいしくいただけます。カレー風味でお子さまも好きな味付けです。
  • 塩分カット

このレシピのエピソード

インドの定番料理である「タンドリー」とはカレー粉などのスパイスとヨーグルトで漬け込んだ食材を「タンドール」という釜で焼く料理のことを言います。タンドリーチキンが一般的には知られていますが、魚でも同様の調理方法でおいしくいただけます。肉に比べて脂質の低い魚はヨーグルトの代わりにマヨネーズを使用することでふっくら、しっとりと仕上がります。


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
栄養価のグラフが表示されます

すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
190 kcal
食塩相当量
1.2 g
たんぱく質
19.3 g
脂質
10.1 g
炭水化物
7.3 g
糖質
5.3 g
食物繊維
2.0 g
カリウム
573 mg
カルシウム
39 mg
マグネシウム
44 mg
リン
233 mg
1.4 mg
亜鉛
0.8 mg
ヨウ素
5 µg
コレステロール
56 mg
ビタミンB1
0.17 mg
ビタミンB2
0.22 mg
ビタミンC
57 mg
ビタミンB6
0.66 mg
ビタミンB12
4.7 µg
葉酸
53 µg
ビタミンA
35 µg
ビタミンD
25.6 µg
ビタミンK
29 µg
ビタミンE
3.0 mg
エネルギー
190 kcal
食塩相当量
1.2 g
たんぱく質
19.3 g
脂質
10.1 g
炭水化物
7.3 g
糖質
5.3 g
食物繊維
2.0 g
カリウム
573 mg
カルシウム
39 mg
マグネシウム
44 mg
リン
233 mg
1.4 mg
亜鉛
0.8 mg
ヨウ素
5 µg
コレステロール
56 mg
ビタミンB1
0.17 mg
ビタミンB2
0.22 mg
ビタミンC
57 mg
ビタミンB6
0.66 mg
ビタミンB12
4.7 µg
葉酸
53 µg
ビタミンA
35 µg
ビタミンD
25.6 µg
ビタミンK
29 µg
ビタミンE
3.0 mg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 1 人分

  • 鮭(切り身)
    80 g
  • ズッキーニ
    50 g
  • 黄パプリカ
    30 g
  • オリーブ油
    小さじ1/2 (2 g)
  • A
    • しょうが(すりおろし)
      1 g
    • ケチャップ
      大さじ1/2 (9 g)
    • マヨネーズ
      大さじ1/2 (6 g)
    • カレー粉
      小さじ1 (2 g)
    • 0.7 g
  • 鮭(切り身)
    80.0 g
  • ズッキーニ
    1/4本 (52 g)
  • 黄パプリカ
    1/4個 (33 g)
  • オリーブ油
    2.0 g
  • A
    • しょうが(すりおろし)
      1/8片未満 (1.3 g)
    • ケチャップ
      9.0 g
    • マヨネーズ
      6.0 g
    • カレー粉
      2.0 g
    • 0.7 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    ズッキーニは1cm幅の輪切りにします。パプリカは食べやすい大きさに切ります。
  • 2
    鮭は余分な水けを拭き取り、半分に切ります。ポリ袋に鮭と混ぜ合わせたAを入れて揉み込みます。
    表面の水けを拭き取ることで、臭みをやわらげます。揉み込んだ後、時間はおかなくて大丈夫です。
  • 3
    フライパンにオリーブ油を中火で熱し、2の鮭、ズッキーニ、パプリカを並べて2分ほど焼きます。
    加熱時間は2人分の目安です。袋のAは、鮭に塗ってください。
  • 4
    焼き色が付いたら、鮭、ズッキーニ、パプリカを裏返し、さらに2分焼きます。鮭に火が通ったら出来上がりです。

  • このレシピに使われている食材について


    アプリをインストール