ピリッと美味しい 納豆で麻婆豆腐

ピリッと美味しい 納豆で麻婆豆腐

管理栄養士のおすすめコメント

納豆の豊富なタンパク質や食物繊維がしっかりと取れる一品です。 豆腐と一緒に炒めることでボリュームのある主菜になります。

栄養価(1人分)

カルシウム
206mg
マグネシウム
246mg
リン
297mg
3.4mg
亜鉛
1.8mg
ビタミンA
8µg
ビタミンE
0.8mg
ビタミンB1
0.17mg
ビタミンB2
0.40mg
ビタミンB6
0.25mg
ビタミンB12
0.8µg
葉酸
79µg
ビタミンC
1mg
ビタミンD
0.3µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

納豆
40 g
1パック (40.0 g)
豆腐(木綿絹どちらでも)
150 g
1/2丁 (150.0 g)
カニカマ
30 g
30.0 g
ねぎ(青い部分無ければ白い部分でも)
3 g
1/8本未満 (5 g)
Aおろしにんにく
2 g
1/2片 (2.2 g)
Aおろししょうが
2 g
1/6片 (2.5 g)
ごま油
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
A豆板醤
小さじ1/6弱 (1 g)
1.0 g
A甜麺醤(他のみそでも、なくても)
小さじ1/6弱 (1 g)
1.0 g
A納豆のたれ
0.5 g
1/8袋 (0.5 g)
A塩こしょう
少々
0.1 g
鶏ガラスープ
120 ml
120.0 g
片栗粉
小さじ1 (3 g)
3.0 g
一味
少々
0.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

豆腐は水を軽く切り、さいの目切り。少し置いておくと水切り出来ます。ねぎは斜めに5ミリくらいに切る。スープを計量しておく。

2

納豆を(パックのまま)くずし、Aの調味料を全部入れぐるぐる混ぜる。カニカマは3等分に切りバラバラにしておく。

3

フライパンを火にかけ、ごま油を引き、2の納豆を炒める。軽く炒めたらカニカマを入れまた軽く炒める。焦げないようにさっと。

4

3にがらスープを入れ煮立ったら豆腐を入れひと煮立ちさせる。ねぎを入れしんなりしたら水溶き片栗粉でとろみをつける。

5

一味をかけて出来上がり。

最近見たレシピ