レバニラ炒め

レバニラ炒め

管理栄養士のおすすめコメント

貧血予防に有効な鉄が豊富なレバーですが、苦手な方も多い食材です。臭みが気になる方は、血抜き後、牛乳に浸すとよいでしょう。

栄養価(1人分)

カルシウム
33mg
マグネシウム
29mg
リン
194mg
5.1mg
亜鉛
2.1mg
ビタミンA
7118µg
ビタミンE
1.6mg
ビタミンB1
0.25mg
ビタミンB2
1.00mg
ビタミンB6
0.44mg
ビタミンB12
22.3µg
葉酸
724µg
ビタミンC
24mg
ビタミンD
0.1µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

鶏レバー
50 g
50.0 g
小さじ1 (5 g)
5.0 g
醤油
小さじ1/3 (2 g)
2.0 g
しょうが(すりおろし) 旬
4 g
1/3片 (5 g)
片栗粉
小さじ1/2 (1.5 g)
1.5 g
もやし
80 g
1/3袋 (82 g)
にら
40 g
1/2束 (42 g)
サラダ油
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
豆板醤
小さじ1/4弱 (1.5 g)
1.5 g
オイスターソース
小さじ1弱 (5 g)
5.0 g
塩こしょう
0.2 g
0.2 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

レバーは食べやすい大きさに切り、ボウルに入れ、塩少々(分量外)をもみこみ、水でやさしく洗います。

2

1にかぶるぐらいの水を入れ、血抜きをします。

3

水をよく切り、酒、醤油、しょうがに浸して15分おきます。

4

レバーの水けをペーパータオルで拭き、片栗粉をまぶします。フライパンに油を入れ中火で熱し、レバーを揚げ焼きします。

5

にらは5cmの長さに切り、もやしは洗ってざるにあげます。

6

フライパンの余分な油を取り除き、豆板醤を加えて軽く炒めたら、強火にしてもやしを炒めます。

7

レバー、にら、オイスターソース、塩胡椒を加え、炒め合わせます。

最近見たレシピ