文字サイズ

さんまの塩焼き みょうがの酢飯で頂きます

管理栄養士のおすすめコメント

高塩分になりがちな寿司飯は、酢と砂糖を効かせ、香味野菜やごまを加えて薄味をカバー。寿司飯が秋刀魚と好相性です。

栄養価(1人分)

煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記のリストから除いてあります。

材料(1人分)

さんま
50 g
塩(天然塩など)
0.2 g
ご飯
150 g
A酢
大さじ2/3 (10 g)
A砂糖
小さじ1と2/3 (5 g)
A塩
0.7 g
みょうが
15 g
小ねぎ(小口切り)
5 g
白いりごま
小さじ1/2 (1.5 g)
青じそ
1 g
濃口しょうゆ
小さじ1/6 (1 g)

分量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、 食べられる部分の分量を表示しています。

手順

1

ごはんに、混ぜ合わせたAを加え、酢飯を作ります。

2

さんまに塩を振り、グリルで焼き色がつくまで焼きます。

3

みょうがはせん切り(一部を飾り用で残します。)、青じそは半分に切りさらにせん切りにします。

4

1の酢飯にみょうが、ねぎ、青じそ、ごまを混ぜて丼や大きめの茶碗に盛ります。

5

2のさんまを器に取り出して身を食べやすい大きさにほぐし、しょうゆをかけます。

6

4に5を乗せ、飾り用のみょうがを添えて完成です。

https://oishi-kenko.com/recipes/360