おもてなし いなり寿司

おもてなし いなり寿司

管理栄養士のおすすめコメント

2種の味が楽しめるいなり寿司。油揚げは、油抜きする前に箸を1本使い、クルクル転がすことで、中が綺麗な袋状になります

栄養価(1人分)

カルシウム
83mg
マグネシウム
53mg
リン
145mg
1.2mg
亜鉛
1.4mg
ビタミンA
6µg
ビタミンE
0.4mg
ビタミンB1
0.07mg
ビタミンB2
0.05mg
ビタミンB6
0.07mg
ビタミンB12
0.1µg
葉酸
41µg
ビタミンC
3mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

油揚げ
20 g
20.0 g
A醤油
小さじ1と1/3 (8 g)
8.0 g
A砂糖
小さじ1と1/3 (4 g)
4.0 g
Aみりん
小さじ1弱 (5 g)
5.0 g
Aだし汁
40 ml
40.0 g
炊きたてご飯(少し固めに炊いたもの)
120 g
120.0 g
寿司酢
小さじ1 (5 g)
5.0 g
B冷凍枝豆
10 g
20 g
Bゆかり
0.3 g
0.3 g
C大葉
0.5 g
1枚 (0.5 g)
C白ごま
小さじ1/6 (0.5 g)
0.5 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

※レシピは一人2個付けです。

2

油揚げを半分に切り、袋状にしておきます。鍋で2~3分煮て油抜きをします。※揚げに、しっかり味がしみこみやすくなります。

3

鍋にAの調味料を煮立て、油揚げを入れます。おとしぶたをして弱めの中火で汁気が少なくなるまで煮含めます。

4

この状態でしばらくおいて味をしみこませます。その後、軽く汁気をきってから使います。

5

炊き立てのご飯に寿司酢をかけて、あおぎながら切るように混ぜます。

6

寿司飯を半分にわけ、それぞれにB(茹でて薄皮をはずした枝豆、ゆかり)とC(大葉の千切り、白ゴマ)を混ぜます。

7

油揚げを開いて、端を少し中に折り込みます。B、Cそれぞれ用意した寿司飯を詰めていきます。

最近見たレシピ