卵でまろやか もやしで増量の豚キムチ

卵でまろやか  もやしで増量の豚キムチ

管理栄養士のおすすめコメント

仕上げに加えたレモン汁の酸味がアクセントになり減塩しても美味しく食べられます。疲労回復に効果のあるスタミナレシピです。

栄養価(1人分)

カルシウム
56mg
マグネシウム
31mg
リン
180mg
1.4mg
亜鉛
2.1mg
ビタミンA
124µg
ビタミンE
1.4mg
ビタミンB1
0.40mg
ビタミンB2
0.34mg
ビタミンB6
0.34mg
ビタミンB12
0.4µg
葉酸
76µg
ビタミンC
21mg
ビタミンD
0.6µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

豚こま肉
50 g
50.0 g
キムチ
40 g
40.0 g
もやし
45 g
45 g
ニラ 旬
25 g
1/4束 (26 g)
25 g
1/2個 (29 g)
青ねぎ
2 g
2.2 g
サラダ油(炒め用)
小さじ1/6強 (0.8 g)
0.8 g
ごま油(炒め用)
小さじ1/6強 (0.8 g)
0.8 g
【豚肉の下味】
A塩
0.3 g
0.3 g
Aこしょう
少々
0.1 g
A酒
小さじ1/2強 (3 g)
3.0 g
【炒めてから】
砂糖
小さじ1/3強 (1.2 g)
1.2 g
しょうゆ
小さじ1/6 (1 g)
1.0 g
レモン汁
0.3 g
0.3 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

豚肉は適当な長さに切って、Aで下味をつけます。卵は溶き、ニラは適当な長さに切ります。

2

フライパンにサラダ油とごま油を熱し、豚肉を炒めます。

3

豚肉の色が変わったらもやしを加えてさらに炒めます。

4

もやしがしんなりしたら、キムチを汁ごと入れ、砂糖も加えてさらに炒めます。

5

キムチと豚肉が十分に絡まったら、溶き卵を一気に流し入れてかき混ぜながら火を通します。

6

仕上げに醤油とレモン汁を回し入れます。お皿に盛って青ねぎを散らします。

最近見たレシピ