鶏胸肉と大豆のあっさりカレー

鶏胸肉と大豆のあっさりカレー
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

一般のカレーと比べて脂質を1/7に抑えた、野菜の旨味が引き立つ、あっさり味のカレー。1日分の野菜の1/3が摂取できます。

栄養価(1人分)

カルシウム
84mg
マグネシウム
63mg
リン
292mg
1.7mg
亜鉛
2.0mg
ビタミンA
173µg
ビタミンE
1.3mg
ビタミンB1
0.16mg
ビタミンB2
0.15mg
ビタミンB6
0.62mg
ビタミンB12
0.1µg
葉酸
44µg
ビタミンC
23mg
ビタミンD
0.1µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

鶏胸肉(皮なし)
60 g
60.0 g
水煮大豆
30 g
30.0 g
A玉葱
50 g
1/4個 (53 g)
A人参 旬
20 g
1/6本 (22 g)
Aピーマン
15 g
2/3個 (18 g)
トマト缶
40 g
40.0 g
ヨーグルト
大さじ1 (15 g)
15.0 g
40 ml
40.0 g
カレー粉
小さじ3/4 (1.5 g)
1.5 g
小さじ1/6強 (1.2 g)
1.2 g
にんにく
1 g
1/4片 (1.1 g)
しょうが
1 g
1/8片未満 (1.3 g)
小さじ1/4 (1 g)
1.0 g
ご飯
150 g
150.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

鶏胸肉を一口大に切り、Aの野菜をを1cmほどの賽の目に、にんにく、しょうがをみじん切りにする。

2

圧力鍋を熱し油をしき、弱火でにんにく、しょうがの香りが出るまで炒め、Aの野菜を入れしんなりしたらカレー粉を入れ炒める。

3

そこへ鶏胸肉を入れ、色が変わるまで炒めたら、トマト缶、水、大豆を入れ、圧力鍋で1分煮て余熱調理する。

4

蓋を外し、ヨーグルト、塩を入れ、一煮立ちさせ、味を調える。

5

4とご飯を、器に盛り付ける。

最近見たレシピ