なすの煮びたし なすの煮びたし

なすの煮びたし

  • エネルギー 59 kcal
  • 食塩相当量 3.8 g

なすの煮びたし

  • エネルギー 59 kcal
  • 食塩相当量 3.8 g
瀬尾幸子
15分以内

くったりとなるまでやわらかく煮たなす。ほんのりみょうがの風味のある煮びたしは、すっきりとした後味です。

このレシピのエピソード

夏が旬のなすとみょうがで、さっぱりとした煮浸しを作ってみませんか。
なすを煮るときは、皮目に5mm幅の切り目を入れておくのがポイント。この切り目のおかげで味しみがよくなり、大きく切ったなすも食べやすくなります。火を止めたら、なすとみょうがは煮汁につけたまま、味をしっかりと含ませましょう。

くったりするくらいまで、煮汁がよくしみたなすには、ほんのりとみょうがのさわやかな風味。油を使わないヘルシーさも魅力です。


すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
59 kcal
食塩相当量
3.8 g
たんぱく質
3.8 g
脂質
0.2 g
炭水化物
13.3 g
糖質
9.6 g
食物繊維
3.7 g
カリウム
564 mg
カルシウム
42 mg
マグネシウム
49 mg
リン
104 mg
0.8 mg
亜鉛
0.5 mg
ヨウ素
3000 µg
コレステロール
2 mg
ビタミンB1
0.11 mg
ビタミンB2
0.13 mg
ビタミンC
7 mg
ビタミンB6
0.14 mg
ビタミンB12
0.6 µg
葉酸
61 µg
ビタミンA
13 µg
ビタミンD
0.0 µg
ビタミンK
17 µg
ビタミンE
0.5 mg
エネルギー
59 kcal
食塩相当量
3.8 g
たんぱく質
3.8 g
脂質
0.2 g
炭水化物
13.3 g
糖質
9.6 g
食物繊維
3.7 g
カリウム
564 mg
カルシウム
42 mg
マグネシウム
49 mg
リン
104 mg
0.8 mg
亜鉛
0.5 mg
ヨウ素
3000 µg
コレステロール
2 mg
ビタミンB1
0.11 mg
ビタミンB2
0.13 mg
ビタミンC
7 mg
ビタミンB6
0.14 mg
ビタミンB12
0.6 µg
葉酸
61 µg
ビタミンA
13 µg
ビタミンD
0.0 µg
ビタミンK
17 µg
ビタミンE
0.5 mg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 1 人分

  • なす
    160 g
  • みょうが
    7 g
  • だし汁
    200 ml
  • しょうゆ
    大さじ1 (18 g)
  • 砂糖
    小さじ1 (3 g)
  • 小さじ1/6 (1 g)
  • なす
    2本 (180 g)
  • みょうが
    3/4個 (7.2 g)
  • だし汁
    200.0 g
  • しょうゆ
    18.0 g
  • 砂糖
    3.0 g
  • 1.0 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    なすはヘタを切り落とし、縦半分に切ります。
  • 2
    なすの皮には、5mm幅間隔になるように斜めに切れ目を入れます。
  • 3
    みょうがは縦に4つ割りに切ります。
    みょうがは縦に割ると香りが立ちます。また、この切り方だとバラバラになりません。
  • 4
    鍋にだし汁、しょうゆ、砂糖、塩、みょうがを入れて煮立てます。
  • 5
    だし汁が煮立ったらなすを入れ、落とし蓋をしてやわらかくなるまで中火で7分くらい煮ます。
    なすは浮きやすいので、落し蓋をしてだし汁に浸るようにします。
  • 6
    落とし蓋を取り、そのまま冷まし、なすに煮汁を吸わせます。
  • 7
    器に盛って、出来上がりです。

  • アプリをインストール