豚のしょうが焼き

豚のしょうが焼き
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

豚肉は脂身を落として脂質をカット。肉にしょうがの香りがのるように、太めのせん切りにしたしょうがを調味料より先に加えます。

栄養価(1人分)

カルシウム
32mg
マグネシウム
35mg
リン
190mg
0.6mg
亜鉛
1.6mg
ビタミンA
14µg
ビタミンE
0.7mg
ビタミンB1
0.63mg
ビタミンB2
0.16mg
ビタミンB6
0.38mg
ビタミンB12
0.2µg
葉酸
47µg
ビタミンC
24mg
ビタミンD
0.1µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

豚ロース肉(しょうが焼き用)
100 g
100.0 g
薄力粉
適量
適量
しょうが 旬
10 g
3/4片 (13 g)
塩(しょうが用)
0.2 g
0.2 g
サラダ油
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
キャベツ(せん切り)
50 g
1枚 (59 g)
貝割れ菜
5 g
1/8パック (5.0 g)
調味料A(豚肉下味用)
大さじ1/2 (7.5 g)
7.5 g
こしょう
少々
0.1 g
調味料B
しょうゆ
小さじ1 (6 g)
6.0 g
小さじ1 (5 g)
5.0 g
砂糖
小さじ1/3 (1 g)
1.0 g
大さじ1/2 (7.5 g)
7.5 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

豚ロース肉は脂身を切り落とし、焼いたときに縮まないように、数ヶ所に筋切りをしておきます。

「筋切り」をするときは、脂身と赤身の境目に垂直に切り込みを入れ、赤みの部分も包丁の先で軽く刺すようにしておきます。

2

下味用の調味料Aをまぶし、薄力粉を茶こしで薄くまぶします。

小麦粉をべったりとつけると、もったりした焼き上がりになってしまいます。

3

調味料Aを混ぜ合わせておきます。しょうがは細切りにして塩をまぶしておきます。

しょうがの細切りは、せん切りよりもやや太いマッチ棒くらいが目安です。

4

フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、1の豚ロース肉を重ならないように並べて両面を焼きます。

5

一旦火を止め、3のしょうがを軽く絞ってから加え、混ぜておいた調味料Bも加えます。

調味料は火を止めてから入れると焦げつきを防げます。しょうがは豚肉に香りをつけるため、調味料より先に入れます。

6

再び火を付けて中火にし、フライパンをゆすりながら混ぜ合わせます。

7

器にキャベツと貝割れ菜に盛り、しょうが焼きをのせます。最後にフライパンに残った汁をしょうが焼きにかけます。

最近見たレシピ