シュウマイ

シュウマイ
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

野菜は乾煎りし、余分な水分を出します。あんを作るときは、肉の温度が低い状態だとよく粘りがでて、やわらかく仕上がります。

栄養価(1人分)

カルシウム
45mg
マグネシウム
30mg
リン
127mg
1.1mg
亜鉛
2.1mg
ビタミンA
11µg
ビタミンE
0.5mg
ビタミンB1
0.46mg
ビタミンB2
0.17mg
ビタミンB6
0.35mg
ビタミンB12
0.4µg
葉酸
52µg
ビタミンC
16mg
ビタミンD
0.2µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

豚ひき肉
60 g
60.0 g
玉ねぎ
30 g
1/6個 (32 g)
白菜
30 g
1/3枚 (32 g)
焼売の皮(1人あたり6枚)
18 g
6枚 (18.0 g)
白菜の葉
40 g
1/2枚 (43 g)
0.4 g
0.4 g
下味用
小さじ1/3強 (2 g)
2.0 g
しょうゆ
小さじ1/2 (3 g)
3.0 g
砂糖
小さじ1/3 (1 g)
1.0 g
オイスターソース
小さじ1/3弱 (1.5 g)
1.5 g
たれ
小さじ1 (5 g)
5.0 g
しょうゆ
小さじ1/2 (3 g)
3.0 g
ごま油
小さじ1/4 (1 g)
1.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

下準備

1

玉ねぎ、白菜をみじん切りにします。

2

フライパンに油をひかずに、みじん切りした玉ねぎと白菜を入れて、少し色づくまで4〜5分ほど弱火で煎ります。

乾煎りすることで野菜の甘みを引き出し、余分な水分を出ます。

3

ボウルなどに取り出し、粗熱をとってから冷蔵庫で冷やします。

野菜を豚ひき肉と混ぜる時、肉の温度が上がらないようにあらかじめ冷やしておきます。

手順

1

氷水をあてて冷たくしたボウルに、豚ひき肉と塩を入れてよく練り、下味用の調味料を入れて混ぜ合わせます。

肉の温度が低いとよく粘りが出て、やわらかいあんになります。ボウルに氷水をあてながら、素早く練りましょう。

2

1のボウルに冷やしておいた玉ねぎと白菜を軽く絞ってから加え、さらに練ります。

野菜は固く絞らずに少し水分が残るくらいにするとジューシーなあんに仕上がります。

3

あんをシュウマイの皮で包みます。1人6個付けになるようにあんを分け、皮の中央にのせます。

4

ナイフの先をあんの表面に軽く刺し、ナイフを軸にしてシュウマイをひっくり返します。

ナイフを深く差し込むと皮が破れてしまうので、軽く刺してください。

5

ナイフを回しながら、シュウマイを持っている方の手の指で、側面の皮を押さえるようにしてあんを包み込みます。

6

ナイフを抜き、シュウマイを持っている手の平を上にします。少しあんを足し、ナイフで押さえて表面を平らにならします。

7

耐熱の皿に白菜の葉を敷き、6のシュウマイをのせます。皿ごと蒸し器に入れて強火で6分蒸します。

8

蒸し上がったら、混ぜ合わせたたれを添えて出来上がりです。

最近見たレシピ