チンジャオロース チンジャオロース

チンジャオロース

  • エネルギー 216 kcal
  • 食塩相当量 1.4 g

チンジャオロース

  • エネルギー 216 kcal
  • 食塩相当量 1.4 g
おいしい健康

ピーマン、たけのこと豚肉は同じ大きさに切ることで、火の通りが均一になります。野菜たっぷりで食べごたえがあります。
  • 塩分カット


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
レシピの栄養価が表示されます

すべての栄養価(1人分)を表示 すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
216 kcal
たんぱく質
17.5 g
脂質
10.4 g
炭水化物
10.8 g
コレステロール
47 mg
食塩相当量
1.4 g
食物繊維
3.0 g
カリウム
629 mg
カルシウム
21 mg
マグネシウム
36 mg
リン
199 mg
1.1 mg
亜鉛
2.3 mg
ビタミンA
23 µg
ビタミンE
1.6 mg
ビタミンB1
0.67 mg
ビタミンB2
0.22 mg
ビタミンB6
0.37 mg
ビタミンB12
0.3 µg
葉酸
51 µg
ビタミンC
50 mg
ビタミンD
0.1 µg
エネルギー
216 kcal
たんぱく質
17.5 g
脂質
10.4 g
炭水化物
10.8 g
コレステロール
47 mg
食塩相当量
1.4 g
食物繊維
3.0 g
カリウム
629 mg
カルシウム
21 mg
マグネシウム
36 mg
リン
199 mg
1.1 mg
亜鉛
2.3 mg
ビタミンA
23 µg
ビタミンE
1.6 mg
ビタミンB1
0.67 mg
ビタミンB2
0.22 mg
ビタミンB6
0.37 mg
ビタミンB12
0.3 µg
葉酸
51 µg
ビタミンC
50 mg
ビタミンD
0.1 µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 1 人分

  • 豚ももブロック肉
    70 g
  • ピーマン
    60 g
  • ゆでたけのこ
    50 g
  • サラダ油
    小さじ3/4 (3 g)
  • 豚肉の下味用
    • 大さじ1/2 (7.5 g)
    • しょうゆ
      小さじ1/4 (1.5 g)
    • 黒こしょう
      少々
    • 片栗粉
      小さじ1/2 (1.5 g)
  • 仕上げの調味料
    • オイスターソース
      小さじ1強 (6 g)
    • しょうゆ
      小さじ1/2 (3 g)
    • 小さじ1/2 (2.5 g)
    • 砂糖
      小さじ1/2 (1.5 g)
    • 小さじ1/2 (2.5 g)
  • 豚ももブロック肉
    70.0 g
  • ピーマン
    2.5個 (71 g)
  • ゆでたけのこ
    50.0 g
  • サラダ油
    3.0 g
  • 豚肉の下味用
    • 7.5 g
    • しょうゆ
      1.5 g
    • 黒こしょう
      0.1 g
    • 片栗粉
      1.5 g
  • 仕上げの調味料
    • オイスターソース
      6.0 g
    • しょうゆ
      3.0 g
    • 2.5 g
    • 砂糖
      1.5 g
    • 2.5 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    ピーマンは縦半分に切ってからヘタと種を取り除き、縦方向の細めの乱切りにします。
    ピーマンは繊維に沿って、細長い三角形を意識しながら切ります。苦味が出にくく、全体の大きさが揃います。
  • 2
    ゆでたけのこは縦方向にピーマンと同じ位の幅の細切りにします。
  • 3
    豚もも肉は、繊維に沿って1cm幅の細切りにします。
  • 4
    片栗粉以外の豚肉の下味用の調味料を入れて混ぜ合わせ、最後に片栗粉を入れて揉み込みます。
    片栗粉を後から混ぜると、肉が縮みにくくなります。
  • 5
    フライパンにサラダ油を入れて弱火にし、豚肉を入れます。
  • 6
    肉の表面の色が白っぽく変わってきたらピーマンとたけのこを入れ、強火にして炒めます。
  • 7
    一旦火を止めて仕上げの調味料を入れ、再び中火にかけます。さっと全体をなじませて出来上がりです。
    調味料は火を止めてから慌てずに入れましょう。砂糖の代わりに甘酒を使うと、コクがでて味に深みがでます。