マカロニサラダ

マカロニサラダ
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

マカロニは、冷めても硬くならないよう、長めの時間でゆであげます。塩を減らしているぶん、酢をきかせて味をひきしめています。

栄養価(1人分)

カルシウム
13mg
マグネシウム
14mg
リン
65mg
0.4mg
亜鉛
0.4mg
ビタミンA
9µg
ビタミンE
0.7mg
ビタミンB1
0.09mg
ビタミンB2
0.03mg
ビタミンB6
0.07mg
ビタミンB12
0.1µg
葉酸
9µg
ビタミンC
9mg
ビタミンD
0.1µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

マカロニ(乾)
10 g
10.0 g
玉ねぎ
15 g
1/8個未満 (16 g)
ロースハム
10 g
10.0 g
きゅうり 旬
20 g
1/6本 (20 g)
マヨネーズ
大さじ1/2 (6 g)
6.0 g
0.2 g
0.2 g
こしょう
少々
0.1 g
小さじ1/3強 (2 g)
2.0 g
練りがらし(お好みで)
0.5 g
0.5 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

マカロニは袋の表示時間の2倍長くゆで、ざるにあげます。

マカロニは冷めると硬くなるので、穴が楕円形になるくらい長めにゆでて柔らかくします。常備菜にする場合は3倍長くゆでます。

2

玉ねぎは繊維に沿って極薄切りにし、マヨネーズと混ぜて5分おきます。

マヨネーズに含まれる酢の効果で玉ねぎの辛味がとれます。マヨネーズの濃度が薄まらないよう、混ぜるのは玉ねぎだけにします。

3

ハムは1cm四方に切ります。きゅうりは小口切りにして塩を振り、しんなりしたら水けを軽く絞ります。

きゅうりの水分はマカロニが吸ってくれるので、軽く絞る程度にします。

4

ボウルに材料をすべて入れて混ぜます。

酢には味を引き締める役割があります。

5

器に盛り、お好みで練りがらしを添えて出来上がりです。

最近見たレシピ