いわしの蒲焼き丼梅風味

いわしの蒲焼き丼梅風味
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

いわしの蒲焼き丼に梅干しを加えてアレンジしました。梅干しの酸味とさわやかな香りで、魚の匂いが苦手な人も食べやすく。

栄養価(1人分)

カルシウム
72mg
マグネシウム
50mg
リン
273mg
2.7mg
亜鉛
2.3mg
ビタミンA
16µg
ビタミンE
2.6mg
ビタミンB1
0.08mg
ビタミンB2
0.35mg
ビタミンB6
0.51mg
ビタミンB12
12.8µg
葉酸
27µg
ビタミンC
1mg
ビタミンD
25.6µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

このレシピのエピソード

甘辛い蒲焼きだれに梅干しを加えて、爽やかな酸味をプラス。魚の匂いが苦手な人や食欲がわかないときでも、さっぱりと食べられます。付け合せのベビーリーフの海苔あえとも相性抜群です。

読み込み中 読み込み中

材料

いわし(3枚おろし) 旬
80 g
200 g
小麦粉
適量
適量
サラダ油
小さじ1 (4 g)
4.0 g
ベビーリーフ
10 g
10.0 g
焼き海苔
0.4 g
1/8枚 (0.4 g)
麦ご飯(押麦3割)
150 g
150.0 g
調味料A
梅干し
小さじ1/3弱 (8 g)
1個 (11 g)
しょうゆ
小さじ1と1/3 (8 g)
8.0 g
みりん
小さじ1と1/4 (7.5 g)
7.5 g
小さじ1 (5 g)
5.0 g
砂糖
小さじ1 (3 g)
3.0 g
調味料B
米酢
小さじ1/3弱 (1.5 g)
1.5 g
うす口しょうゆ
小さじ1/4 (1.5 g)
1.5 g
みりん
小さじ1/4 (1.5 g)
1.5 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

Aの梅干しは軽くたたき、調味料と混ぜ合わせます。

2

いわしに小麦粉をまぶし、余分な粉をはたきます。

3

フライパンに油をひいて中火にかけ、2を皮目を下にして並べ、きつね色になるまで両面を焼きます。

4

火を止めて調味料Aを加え、いわしによく絡めます。

5

ボウルに調味料Bを混ぜ合わせ、ベビーリーフ、焼き海苔をちぎりながら加えてあえます。

6

丼にご飯を盛り、4と5をのせて出来上がりです。

最近見たレシピ