ピンチョス2種類

ピンチョス2種類
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

テーブルがパッと華やぐピンチョスは、イタリア語で「串に刺し、指でつまんで食べる料理」の意。見た目以上に作り方は簡単。

栄養価(1人分)

カルシウム
65mg
マグネシウム
13mg
リン
95mg
0.4mg
亜鉛
0.6mg
ビタミンA
39µg
ビタミンE
0.8mg
ビタミンB1
0.07mg
ビタミンB2
0.09mg
ビタミンB6
0.13mg
ビタミンB12
1.4µg
葉酸
21µg
ビタミンC
16mg
ビタミンD
4.2µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

<サーモンときゅうり>
スモークサーモン
15 g
15.0 g
きゅうり 旬
30 g
1/3本 (31 g)
レモン
2 g
1/8個未満 (2.1 g)
<プチトマトとチーズ>
プチトマト
30 g
3個 (31 g)
モッツァレラチーズ(ひとくちタイプ)
15 g
15.0 g
A 塩
0.3 g
0.3 g
A オリーブ油
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
A 粗びき黒こしょう
少々
0.1 g
A ピンクペッパー(あれば)
少々
0.1 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

きゅうりはピーラーでリボン状に削り、2枚重ねて2〜3cm幅に折りたたみます。

2

レモンは輪切りを、さらに6等分のいちょう切りにします。(そのうちの3枚を使います。)

3

1のきゅうり、3等分に分けて一口大に折ったサーモン、2のレモンを重ねてピックで刺します。

4

プチトマト、モッツァレラチーズを一緒にピックに刺します。

5

3と4をそれぞれ3個ずつ作ります。器に盛り、全体にAをかけて、出来上がりです。

最近見たレシピ