南高梅干と胡瓜の冷やし麦茶漬け

南高梅干と胡瓜の冷やし麦茶漬け

管理栄養士のおすすめコメント

きゅうりをご飯に混ぜ、麦茶をかけて冷やし茶漬けに。梅の酸味がほどよく、食欲のない暑い日や、お酒のしめにもおすすめです。

栄養価(1人分)

カルシウム
35mg
マグネシウム
28mg
リン
84mg
1.1mg
亜鉛
1.1mg
ビタミンA
14µg
ビタミンE
0.2mg
ビタミンB1
0.06mg
ビタミンB2
0.03mg
ビタミンB6
0.11mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
21µg
ビタミンC
7mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

きゅうり
50 g
1/2本 (51 g)
0.2 g
0.2 g
梅干し
小さじ1/2強 (15 g)
2個 (20 g)
ご飯(押し麦2割)
130 g
130.0 g
麦茶(冷)
120 ml
120.0 g
白炒りごま
小さじ1/3 (1 g)
1.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

きゅうりは輪切りにし、ボウルに入れます。塩を振って5分ほどおき、水けをしっかりと除きます。

2

1に梅をちぎりながら加え、よくあえます。

3

ご飯を加えてざっと混ぜ合わせたら、茶碗によそいます。白炒りごまを散らし、冷たい麦茶を注いで出来上がりです。

最近見たレシピ