なすの蒲焼き丼

なすの蒲焼き丼
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

群馬県太田市にある食堂が発祥の料理。うなぎの価格高騰の頃になすで代用したレシピを考案し、徐々に有名になった料理です。

栄養価(1人分)

カルシウム
40mg
マグネシウム
102mg
リン
248mg
1.4mg
亜鉛
1.5mg
ビタミンA
20µg
ビタミンE
1.3mg
ビタミンB1
0.31mg
ビタミンB2
0.11mg
ビタミンB6
0.40mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
63µg
ビタミンC
6mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

なす 旬
140 g
2本 (160 g)
サラダ油
小さじ1/4 (1 g)
1.0 g
A しょうゆ
小さじ1 (6 g)
6.0 g
A みりん
小さじ1/2 (3 g)
3.0 g
A 砂糖
小さじ1/2 (1.5 g)
1.5 g
玄米ご飯
150 g
150.0 g
青じそ(せん切り) 旬
1 g
2枚 (1.0 g)
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

なすは皮をむき、ラップで包み、電子レンジ(600w)で3分加熱します。ラップを取り、粗熱が取れたら半分に切り開きます。

2

フッ素樹脂加工のフライパンを中火で熱し、油をひいて1を焼きます。

3

こんがりと焼き目がついたら火を止め、Aのたれを加えます。再び中火にかけ、なすにたれを絡めます。

4

丼にごはんを盛り、3と青じそをのせて完成です。

5

※加熱時間は1人分の目安。

最近見たレシピ