あずきクリームの抹茶ロールケーキ

あずきクリームの抹茶ロールケーキ

管理栄養士のおすすめコメント

家族みんなが喜ぶ、抹茶のロールケーキ。ふわふわとやわらかく、食べやすく美味しい!お祝いの時などにも◎です。

栄養価(1人分)

カルシウム
24mg
マグネシウム
8mg
リン
54mg
0.6mg
亜鉛
0.4mg
ビタミンA
109µg
ビタミンE
0.5mg
ビタミンB1
0.02mg
ビタミンB2
0.11mg
ビタミンB6
0.03mg
ビタミンB12
0.2µg
葉酸
15µg
ビタミンC
0mg
ビタミンD
0.4µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

ゆであずき
10 g
10.0 g
スポンジ生地用材料(29cm×29cmの天板使用)
 
 
薄力粉
大さじ1/2 (4.5 g)
4.5 g
抹茶
小さじ1/4 (0.5 g)
0.5 g
18 g
1/3個 (21 g)
細粒グラニュー糖(普通の砂糖でもOK)
小さじ1と3/4 (7 g)
7.0 g
生クリーム
小さじ1/2強 (3 g)
3.0 g
クリーム用材料
 
 
生クリーム
大さじ1 (15 g)
15.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

※10人分の作り方です。

2

天板に紙を敷きます。紙は天板の大きさ+高さより少し大きめに切り、四隅に切り込みを入れて敷きます。

3

オーブンを180℃に予熱をします。薄力粉と抹茶を一緒に振るっておき、卵は卵黄と卵白に分けておきます。

4

卵白を泡立てます。最初は砂糖を加えずピンと角が立つまで泡立てます。砂糖を3回に分けて加え、その都度よく泡立てます。

5

艶のある滑らかなメレンゲが出来あがります。泡だて器を持ち上げた時に先端が立ち上がり、型が崩れなければOKです。

6

黄身を3個入れて、ふんわりとなるまで泡立てます。柔らかいフワフワの状態になればOKです。

7

振るっておいた薄力粉と抹茶をもう一度振るいながら6に加えます。また、この時点で生クリームを湯せんにして温めておきます。

8

向こう側からゴムベラをサクッと差し込むように入れ底からすくい上げるようにして、よく混ぜ合わせます。

9

粉が混ざったら、温めておいた生クリームをゴムベラに伝わせながら生地に入れ、馴染むように8と同じ方法で混ぜます。

10

2の天板に生地を流し込みます。高さが均一になるように表面をへらなどで平らにして、天板の底を2~3回叩いて空気を抜きます。

11

180℃に予熱しておいたオーブンに入れて11分~12分で焼きます。真ん中に串を刺して何も付いてこなければOK。

12

天板から外して、網の上に乗せて、上にクッキングペーパーやふきんをかけて冷まします。

13

冷ましている間に巻き込むクリームを作ります。生クリームをとろ~りとなるまで泡立て、ゆであずきを入れてもう一度泡立てます。

14

あまり泡立てすぎるとボソボソになるので気をつけてください。出来上がったクリームは冷蔵庫で冷やしておきます。

15

スポンジがすっかり冷めたら、側面の敷き紙を外します。底の部分の敷き紙は手前から3cmのところまでそっと剥がしておきます。

16

スポンジを少し大きめの紙の上か大き目の台の上に乗せます。(この時点ではまだ型紙は底についています。)

17

スポンジに14のクリームを平均に塗ります。但し、巻き終わりになる部分1cmくらいは本当に薄く塗るようにします。

18

手前から敷き紙ごと持ち上げて、先の部分を少しだけ中に巻き込みます。

19

あとはクイッと上から向こう側に敷き紙を引っ張る気持ちで、巻き具合が緩くないかを確かめながら巻き込んでいきます。

20

この方法で巻くと自然に敷き紙が外れて、巻き終わり部分が下に来ると思います。大きめのラップの上に乗せて、くるりと包みます。

21

冷蔵庫に入れて1時間以上休ませませたら出来上がりです。10等分に切り分けてお召し上がりください。

最近見たレシピ