きりざい納豆

きりざい納豆

管理栄養士のおすすめコメント

新潟県南魚沼地方の郷土料理。野菜を細かく切り(切り菜)、たんぱく源の納豆と混ぜ合わせた栄養価の高い一品です。

栄養価(1人分)

カルシウム
79mg
マグネシウム
45mg
リン
82mg
1.4mg
亜鉛
0.8mg
ビタミンA
82µg
ビタミンE
0.3mg
ビタミンB1
0.05mg
ビタミンB2
0.19mg
ビタミンB6
0.11mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
49µg
ビタミンC
3mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

納豆
30 g
2/3パック (30.0 g)
野沢菜漬け
10 g
11 g
にんじん
10 g
1/8本未満 (11 g)
0.1 g
0.1 g
納豆のたれ
1.5 g
1/3袋 (1.5 g)
練りがらし
小さじ1/6 (1 g)
1.0 g
A白ごま
小さじ1 (3 g)
3.0 g
A酢
0.5 g
0.5 g
Aしょうゆ
0.5 g
0.5 g
A砂糖
0.2 g
0.2 g
A和風だしの素
少々
0.1 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

にんじんはみじん切りにし、塩を振ってもんだら10分ほどおきます。水けをしっかりと絞ります。

2

野沢菜漬けはみじん切りにして、軽く汁けを絞ります。

3

ボウルに納豆と納豆のたれ、からしを入れ混ぜ合わせます。

4

にんじんと野沢菜漬け、Aを加え混ぜたら出来上がりです。

最近見たレシピ