春ぎょうざ

春ぎょうざ
photo by おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

春野菜たっぷりの餃子。食物繊維が豊富で、食べ応え◎!水分量が多い春野菜は傷みが早い為、早めに食べきるのが美味しさの秘訣!

栄養価(1人分)

カルシウム
35mg
マグネシウム
23mg
リン
76mg
0.7mg
亜鉛
0.8mg
ビタミンA
10µg
ビタミンE
0.8mg
ビタミンB1
0.08mg
ビタミンB2
0.09mg
ビタミンB6
0.21mg
ビタミンB12
0.1µg
葉酸
60µg
ビタミンC
23mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

春キャベツ
50 g
1枚 (59 g)
タケノコ(水煮)
20 g
20.0 g
新玉ねぎ
10 g
1/8個未満 (11 g)
鶏ミンチ
20 g
20.0 g
A醤油
小さじ1/3 (2 g)
2.0 g
A砂糖
小さじ1/6 (0.5 g)
0.5 g
A酒
小さじ1/6強 (1 g)
1.0 g
Aすりおろし生姜
1 g
1/8片未満 (1.3 g)
A片栗粉
小さじ1/6 (0.5 g)
0.5 g
A塩
0.3 g
0.3 g
餃子の皮
36 g
6枚 (36.0 g)
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
小さじ1 (5 g)
5.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

春キャべツは耐熱皿(またはボウル)に入れてラップをふわっとかけ、レンジで加熱して冷ましておく。

2

タケノコと玉ねぎは歯ごたえが残る程度に粗みじん切りにしておく。

3

冷ましたキャベツは同じくざくざくと切って(粗くて大丈夫)、水気をギュッと絞る。

4

2と3、鶏ミンチとAをボウルでよく混ぜ合わせて、それを皮に包む。

5

油を熱したフライパンで、普段どおりに焼いて出来上がり。

6

酢をつけてお召し上がりください。

最近見たレシピ