おつまみにもピッタリ 里芋といかの煮物

おつまみにもピッタリ 里芋といかの煮物

管理栄養士のおすすめコメント

里芋といか、血糖値の上昇を抑える働きのある食材の組み合わせです。いかのタウリンは血中コレステロールの増加も抑えます。

栄養価(1人分)

カルシウム
16mg
マグネシウム
40mg
リン
196mg
0.5mg
亜鉛
0.8mg
ビタミンA
4µg
ビタミンE
1.1mg
ビタミンB1
0.08mg
ビタミンB2
0.05mg
ビタミンB6
0.16mg
ビタミンB12
0.9µg
葉酸
23µg
ビタミンC
5mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

里芋
60 g
1.5個 (71 g)
いか
50 g
1/4杯 (67 g)
Aだし汁
100 ml
100.0 g
A水
大さじ1と1/3 (20 g)
20.0 g
A酒
小さじ1 (5 g)
5.0 g
Aみりん
小さじ1 (6 g)
6.0 g
A砂糖
小さじ1/2 (1.5 g)
1.5 g
Aしょうゆ
小さじ1 (6 g)
6.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

里芋は皮をむいて食べやすい大きさに切り、塩(分量外)をふってもみ、ぬめりを水で洗い流し、水けを拭きとる。

2

いかはさっと洗って足と内臓を引き抜き、軟骨を取り除きます。

3

いかの胴は1cm幅の輪切りに、足は2〜3本ずつまとめて切り離し、食べやすい大きさに切ります。

4

鍋にAを入れて火にかけ、煮立ったら、いかの胴と足を入れて煮ます。

5

2分ほど煮たら、いかを一旦取り出します。

6

いかを取り出したあとの鍋に里芋を加え、弱火にして落とし蓋をし、約15分煮ます。

7

里芋がやわらかくなったら強火にし、いかを戻し入れて2〜3分、鍋をゆすりながら煮汁を全体にからめて仕上げます。

最近見たレシピ