端午の節句にべこもち

端午の節句にべこもち

管理栄養士のおすすめコメント

べこもちは、端午の節句に北海道などで食べられる柏餅のような祝い菓子。2色の生地を使い、木の葉型に整えたおもちです。

栄養価(1人分)

カルシウム
14mg
マグネシウム
8mg
リン
30mg
0.5mg
亜鉛
0.3mg
ビタミンA
0µg
ビタミンE
0.1mg
ビタミンB1
0.03mg
ビタミンB2
0.01mg
ビタミンB6
0.07mg
ビタミンB12
0.0µg
葉酸
4µg
ビタミンC
0mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

片栗粉
適量
適量
白い部分の材料
上新粉(餅粉入り)
大さじ1と2/3 (15 g)
15.0 g
上白糖
小さじ1と2/3 (5 g)
5.0 g
大さじ2/3 (10 g)
10.0 g
黒い部分の材料
上新粉(餅粉入り)
大さじ1と2/3 (15 g)
15.0 g
黒砂糖
大さじ1/2強 (5 g)
5.0 g
大さじ2/3 (10 g)
10.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

白い部分を作ります。鍋に上白糖と水をとり、火にかけ沸騰させます。

2

上新粉と1をボウルに入れ、箸で混ぜてまとめます。

3

黒い部分も同様に、黒砂糖と水を鍋にとり、火にかけて沸騰させます。上新粉が入ったボウルに加えて、箸でまぜます。

4

2と3を適当な大きさにちぎり、皿にのせ、フライパンに水を張って皿を置き、フタをして10分蒸します。※蒸し器でも大丈夫です

5

4を取り出し、白と黒をそれぞれへらでこねます。冷めたら手でこねます。手につかないように水をつけるのがおすすめです。

6

5をそれぞれ棒状にして、黒と白をねじり合わせます。

7

6をちぎって、片栗粉をまぶした木の葉型で型を取るか、型がなければ手で平たく、形を整えます。

8

4で使用した大きめのフライパンに水を張ってお皿を置き、フタをして再度10分蒸します。

9

蒸しあがったら、熱いうちにうちわであおいで冷ますと、照りが出てつやつやになってきたらできあがりです。

最近見たレシピ