私のお気に入り 納豆ハンバーグ

私のお気に入り 納豆ハンバーグ

管理栄養士のおすすめコメント

納豆入りのハンバーグ。納豆に含まれる大豆たんぱく質は、LDLレステロール値を下げ、動脈硬化の予防に役立ちます。

栄養価(1人分)

カルシウム
38mg
マグネシウム
40mg
リン
158mg
2.5mg
亜鉛
3.9mg
ビタミンA
31µg
ビタミンE
0.8mg
ビタミンB1
0.22mg
ビタミンB2
0.32mg
ビタミンB6
0.30mg
ビタミンB12
1.1µg
葉酸
41µg
ビタミンC
3mg
ビタミンD
0.4µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

A牛ひき肉
50 g
50.0 g
A豚ひき肉
20 g
20.0 g
A玉ねぎ
25 g
1/8個 (27 g)
A卵
15 g
1/3個 (18 g)
Aパン粉
大さじ1と2/3 (5 g)
5.0 g
A塩
0.3 g
0.3 g
A胡椒
少々
0.1 g
Aナツメグ
少々
0.1 g
納豆
20 g
1/2パック (20.0 g)
サラダ油
小さじ1/4 (1 g)
1.0 g
たれ
 
 
B納豆のたれ
2.5 g
1/2袋 (2.5 g)
B水
大さじ1と2/3 (25 g)
25.0 g
B酒
小さじ1/2 (2.5 g)
2.5 g
B醤油
小さじ1/3 (2 g)
2.0 g
Bみりん
小さじ1/3 (2 g)
2.0 g
小さじ1/2強 (3 g)
3.0 g
片栗粉
小さじ1/3 (1 g)
1.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

玉ねぎはみじん切りにし、耐熱容器に入れてレンジ600Wで1分加熱する。しっかり冷ましておく。※加熱時間は4人分の目安

2

納豆は粗く刻む。

3

ボウルにAの材料を入れ、粘りがでるまで良くこねる。納豆も入れ、さっとこねる。肉だねを3等分する。

4

手に薄くサラダ油を塗り、1つ1つ空気を抜くようにして叩く。小判型に成型する。

5

よく熱したフライパンにサラダ油をひき、4を静かに入れていく。ハンバーグの真ん中を少しへこませて、強めの中火で約1分焼く。

6

焼き目がついたらひっくり返し、フライパンの中の余分な油は拭き取る。蓋をして弱火で8分蒸し焼きにする。

7

ハンバーグをお皿に盛りつける。綺麗に拭いたフライパンにBの材料をいれ、弱火にかけて煮立たせる。

8

煮立ったら、水溶き片栗粉を混ぜながらたれの中に少しずつ回し入れる。とろみがついたら出来上がり。

9

ハンバーグの上にタレをかけて出来上がり。

最近見たレシピ