鰆のバルサミコ照り焼き

鰆のバルサミコ照り焼き

管理栄養士のおすすめコメント

バルサミコ酢を使った洋風の照り焼き。冬のサワラは「寒サワラ」と呼ばれ、脂がのっています。

栄養価(1人分)

カルシウム
18mg
マグネシウム
30mg
リン
184mg
0.8mg
亜鉛
0.9mg
ビタミンA
10µg
ビタミンE
0.5mg
ビタミンB1
0.08mg
ビタミンB2
0.29mg
ビタミンB6
0.33mg
ビタミンB12
4.2µg
葉酸
8µg
ビタミンC
0mg
ビタミンD
5.6µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

さわら(切身) 旬
80 g
80.0 g
0.2 g
0.2 g
こしょう
少々
0.1 g
サラダ油
小さじ1/2 (2 g)
2.0 g
A バルサミコ酢
5 g
5.0 g
A しょうゆ
小さじ1/2 (3 g)
3.0 g
A はちみつ
小さじ1/6弱 (1 g)
1.0 g
白炒りごま
小さじ1/6 (0.5 g)
0.5 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

さわらは水けを除き、塩、こしょうを振り下味をつけます。

2

フライパンにサラダ油を中火で熱し、さわらを皮目から焼き色がつくまで焼きます。

3

両面焼き色がついたら、混ぜ合わせたAを回しかけ、焦がさないように両面に絡めます。

4

皿に盛り付け、白炒りごまを振りかけて出来上がりです。

最近見たレシピ