糸こんにゃくとしめじのピリ辛煮

糸こんにゃくとしめじのピリ辛煮

管理栄養士のおすすめコメント

食物繊維が多くカロリーの少ない食材の組み合わせです。老廃物や有害物質など排出し、血糖値の急上昇も防ぐ効果があります。

栄養価(1人分)

カルシウム
49mg
マグネシウム
11mg
リン
48mg
0.5mg
亜鉛
0.2mg
ビタミンA
1µg
ビタミンE
0.0mg
ビタミンB1
0.05mg
ビタミンB2
0.06mg
ビタミンB6
0.04mg
ビタミンB12
0.2µg
葉酸
9µg
ビタミンC
0mg
ビタミンD
0.2µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

糸こんにゃく
60 g
1/3袋 (60.0 g)
しめじ
25 g
1/4パック (28 g)
Aだし汁(かつお昆布)
50 ml
50.0 g
A砂糖
小さじ1/3 (1 g)
1.0 g
Aみりん
小さじ1 (6 g)
6.0 g
Aしょうゆ
小さじ1 (6 g)
6.0 g
赤とうがらし(輪切り)
少々
1/8本 (0.1 g)
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

糸こんにゃくは水から下ゆでし食べやすい長さに切ります。しめじは石づきを取り、手でほぐします。

2

鍋にAを入れひと煮立ちさせ、1と赤とうがらしを加えます。弱火で10分ほど煮て出来上がりです。

レシピQA

Q.

よくだし汁とありますが、だし汁はどうやって作りますか? いつも鰹節とだし雑魚でとっています。

2019年12月04日
A.

ご質問ありがとうございます。 レシピに記載されている「だし汁」は「昆布」と「かつお節」からとった『合わせだし』になります。 【合わせだしのとり方】 「だし用昆布:約5g」「かつお節;約10g」「水:500ml」を用意します。 ①だし用昆布は濡らして固く絞ったペーパータオルで表面を軽く拭きます。 ②鍋に水とだし用昆布を入れ、30分〜1時間ほどおきます。 ③2を弱火にかけ、沸騰直前にだし用昆布を取り出します。 ④沸騰したら火を止め、かつお節を入れ2分ほどおきます。 ⑤ボウルにざるを重ね、濡らして固く絞った清潔なふきんを敷き、4を静かにこします。 ※絞ってしまうと、かつお節のえぐみが出てしまうので、絞らないようにしてください。 また、だしを取った昆布やかつお節は佃煮などの料理に活用すると無駄なく使用できます。 参考になれば幸いです。

おいしい健康管理栄養士
2019年12月06日
最近見たレシピ