揚げないヘルシー本格酢豚 ロースで作る

揚げないヘルシー本格酢豚 ロースで作る

管理栄養士のおすすめコメント

豚薄切り肉で作る、酢豚。ブロック肉よりも軟らかく仕上がり、子どもやお年寄りも食べやすくなります。

栄養価(1人分)

カルシウム
19mg
マグネシウム
25mg
リン
113mg
0.5mg
亜鉛
0.9mg
ビタミンA
119µg
ビタミンE
0.6mg
ビタミンB1
0.33mg
ビタミンB2
0.13mg
ビタミンB6
0.24mg
ビタミンB12
0.3µg
葉酸
23µg
ビタミンC
16mg
ビタミンD
0.3µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

豚ロース薄切り(ブロックでもOK)
40 g
40.0 g
片栗粉
小さじ2/3 (2 g)
2.0 g
A醤油
0.5 g
0.5 g
A酒
小さじ1/3強 (1.8 g)
1.8 g
A塩・コショウ
少々
0.1 g
干し椎茸
2 g
1枚 (2.5 g)
ナス 旬
15 g
1/4本 (17 g)
ピーマン 旬
15 g
2/3個 (18 g)
にんじん
15 g
1/8本 (17 g)
たまねぎ
20 g
1/8個 (21 g)
B酢
小さじ2と1/2弱 (12 g)
12.0 g
B砂糖
大さじ2/3 (6 g)
6.0 g
B醤油
小さじ1/2 (3 g)
3.0 g
Bケチャップ
小さじ2と1/2弱 (12 g)
12.0 g
B中華スープの元(ウェイパーや鶏ガラ)
0.3 g
0.3 g
Bだし汁
40 ml
40.0 g
水溶き片栗粉
大さじ2/3弱 (10 g)
10.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

干し椎茸は水に戻してスライスする。豚肉はAで下味をつける。ロース薄切りは味がしみやすいので、時間を置かずに次に進む。

2

下味の付いた豚ロース薄切り1枚1枚を、半分に切る。

3

切ったロースを二つに折る。はじっこのボロボロの部分などは、中に織り込むようにして四角にします。

4

片栗粉をしっかりと両面にまぶしておく。

5

フライパンの底全体にいきわたるくらいの油を敷き、豚肉を揚げる。お肉の半分くらいがつかる程度の油で大丈夫。

6

ピーマン・ナスは乱切り、にんじんは短冊切り、玉ねぎはざく切りにして、それぞれ9割がた茹でる。

7

Bの調味料をフライパンに入れ、ひと煮たちさせたら、水溶き片栗粉でとろみをつける。

8

7のフライパンに、豚肉と野菜を入れて、タレを絡ませたら完成。

最近見たレシピ