切り干し大根と高野豆腐の煮物 切り干し大根と高野豆腐の煮物

切り干し大根と高野豆腐の煮物

  • エネルギー 67 kcal
  • 食塩相当量 1.0 g

切り干し大根と高野豆腐の煮物

  • エネルギー 67 kcal
  • 食塩相当量 1.0 g
30分以内

食物繊維が豊富な切り干し大根と高野豆腐を使った、腸内環境改善に嬉しい一品。常備菜におすすめです。


このレシピの栄養価

あなたの食事基準に合わせた
栄養価のグラフが表示されます

すべての栄養価 (1人分)

エネルギー
67 kcal
食塩相当量
1.0 g
たんぱく質
3.7 g
脂質
3.1 g
炭水化物
7.0 g
糖質
5.2 g
食物繊維
1.8 g
カリウム
301 mg
カルシウム
58 mg
マグネシウム
25 mg
リン
80 mg
0.7 mg
亜鉛
0.5 mg
コレステロール
0 mg
ビタミンB1
0.06 mg
ビタミンB2
0.06 mg
ビタミンC
2 mg
ビタミンB6
0.06 mg
ビタミンB12
0.3 µg
葉酸
19 µg
ビタミンA
69 µg
ビタミンD
0.1 µg
ビタミンE
0.1 mg
エネルギー
67 kcal
食塩相当量
1.0 g
たんぱく質
3.7 g
脂質
3.1 g
炭水化物
7.0 g
糖質
5.2 g
食物繊維
1.8 g
カリウム
301 mg
カルシウム
58 mg
マグネシウム
25 mg
リン
80 mg
0.7 mg
亜鉛
0.5 mg
コレステロール
0 mg
ビタミンB1
0.06 mg
ビタミンB2
0.06 mg
ビタミンC
2 mg
ビタミンB6
0.06 mg
ビタミンB12
0.3 µg
葉酸
19 µg
ビタミンA
69 µg
ビタミンD
0.1 µg
ビタミンE
0.1 mg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。

材料 1 人分

  • 切り干し大根
    4 g
  • 高野豆腐
    3 g
  • しめじ
    15 g
  • にんじん
    10 g
  • 油揚げ
    2 g
  • だし汁(かつお昆布)
    80 ml
  • ごま油
    小さじ1/4 (1 g)
  • 白ごま
    小さじ1/6 (0.5 g)
  • A
    • しょうゆ
      小さじ1 (6 g)
    • 小さじ1/2強 (3 g)
    • 砂糖
      小さじ1/2 (1.5 g)
  • 切り干し大根
    4.0 g
  • 高野豆腐
    1/6枚 (3.0 g)
  • しめじ
    1/6パック (17 g)
  • にんじん
    1/8本未満 (11 g)
  • 油揚げ
    1/8枚 (2.0 g)
  • だし汁(かつお昆布)
    80.0 g
  • ごま油
    1.0 g
  • 白ごま
    0.5 g
  • A
    • しょうゆ
      6.0 g
    • 3.0 g
    • 砂糖
      1.5 g
  • ※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
  • ※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

作り方

  • 1
    切り干し大根は軽く洗ってから水で戻し、水けを絞ります。高野豆腐も水で戻して水けを絞り、食べやすい大きさに切ります。
  • 2
    油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、にんじんと共に4cm長さの細切りにします。しめじはほぐします。
  • 3
    鍋にごま油を中火で熱し、切り干し大根とにんじんを炒めます。油が回ったら、だし汁と高野豆腐、しめじ、油揚げを加え5分ほど煮ます。
    加熱時間は2人分の目安です。
  • 4
    Aを加え、煮汁が少なくなるまで煮ます。器に盛り、ごまを振って出来上がりです。

  • レシピQA

    常備菜でどのくらいもちますか?

    • 2020年05月11日

    ご質問ありがとうございます。 食品の保存ができる期間は、調理環境やその日の天候、気温など様々な要因に左右されるため「どれくらいの期間保存できる」とは一概にお答えすることができません。 お役に立てず、申し訳ございません。 保存性を高めるポイントの1つとして、調理機器や保存に使用する容器を、清潔な状態にしてから使用することが大切になります。 参考になれば幸いです。

    • おいしい健康管理栄養士
    • 2020年05月12日

    このレシピに使われている食材について


    アプリをインストール