黒酢入り葛たれで食べるすき焼

黒酢入り葛たれで食べるすき焼
おいしい健康

栄養士のおすすめコメント

一般的なすき焼の割下に比べて少ない調味料ですが、特製黒酢たれの酸味とコクで美味しくいただけます<おいしい健康栄養士より>

栄養価(1人分)

カルシウム
86mg
マグネシウム
53mg
リン
259mg
2.6mg
亜鉛
5.0mg
ビタミンA
67µg
ビタミンE
1.0mg
ビタミンB1
0.13mg
ビタミンB2
0.27mg
ビタミンB6
0.41mg
ビタミンB12
1.2µg
葉酸
51µg
ビタミンC
8mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

使用量

買物量(目安)

◯割下
 
 
しょうゆ
大さじ2/3 (12 g)
12 g
みりん
大さじ2/3 (12 g)
12 g
砂糖
大さじ1と1/3 (12 g)
12 g
小さじ1/2強 (3 g)
3 g
昆布だし
67 ml
67 g
◯黒酢葛たれ
 
 
昆布だし
大さじ3と1/2強 (53 g)
53 g
熟成みりん
小さじ1と1/3 (8 g)
8 g
たまりしょうゆ
小さじ2/3 (4 g)
4 g
本葛
小さじ1 (3 g)
3 g
黒酢
大さじ1/2 (7.5 g)
7.5 g
◯すき焼材料
 
 
牛もも肉
100 g
100 g
長ねぎ
20 g
1/4本 (33 g)
わらび
15 g
15 g
焼豆腐
20 g
1/8丁未満 (20 g)
しらたき
20 g
1/8袋 (20 g)
小松菜
10 g
1/8束未満 (12 g)
にんじん(スライス)旬
5 g
1/8本未満 (5.6 g)
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

◯割下 みりん、酒を鍋に入れ、沸騰直前に砂糖、しょうゆを加え沸騰直前まで加熱する。冷めたら昆布だしと合わせる

2

◯黒酢葛たれ  各材料を鍋に入れ、加熱し、かき混ぜながら焦がさない様に沸騰させる。

3

透明感が出たら火を止め、粗熱が取れたら黒酢を加え、たれの出来上がり。

4

◯すき焼 すき焼鍋に割下を底が見えない様に薄く入れて加熱し、泡が出始めたら各材料を加えて炊いていく。

5

小鉢に黒酢たれを入れ、具材をからめていただく。

最近見たレシピ