貝柱と海老の山椒炒め

貝柱と海老の山椒炒め
おいしい健康

管理栄養士のおすすめコメント

山椒には味覚を敏感にする働きがあり、料理の塩分が控えめでも美味しく食べられます。<おいしい健康栄養士より>

栄養価(1人分)

カルシウム
20mg
マグネシウム
22mg
リン
117mg
0.4mg
亜鉛
0.9mg
ビタミンA
44µg
ビタミンE
0.9mg
ビタミンB1
0.06mg
ビタミンB2
0.06mg
ビタミンB6
0.09mg
ビタミンB12
0.6µg
葉酸
36µg
ビタミンC
2mg
ビタミンD
0.0µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

帆立て貝柱
20 g
20.0 g
えび
20 g
24 g
くわい
10 g
3/4個 (13 g)
にんじん
6 g
1/8本未満 (6.7 g)
グリンピース
6 g
6.0 g
A中華スープ(液体)
大さじ1と1/3 (20 g)
20.0 g
A塩
0.2 g
0.2 g
Aこしょう
少々
0.1 g
A粉山椒
少々
0.1 g
B片栗粉
小さじ1/3 (1 g)
1.0 g
B水
小さじ1 (5 g)
5.0 g
サラダ油
小さじ1/4 (1 g)
1.0 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

にんじんはいちょう切りにします。グリンピースとともに、下ゆでします。

2

帆立て貝柱、えび、くわいは、食べやすい大きさに切り、1の湯で下ゆでします。

3

Aを小さいフライパンに入れふつふつとしたら、2を加え炒めます。

4

Bを混ぜ合わせた水溶き片栗粉を加え、とろみをつけます。サラダ油を加え、照りをつけます。

5

器に盛り付け、1をのせたら出来上がりです。

最近見たレシピ