基本の酢豚

基本の酢豚

管理栄養士のおすすめコメント

中華料理の定番である酢豚。豚肉は脂身の少ない部位を選び、具材は少し大きめに切ると、ヘルシーで満足度がアップします。

栄養価(1人分)

カルシウム
28mg
マグネシウム
25mg
リン
139mg
0.9mg
亜鉛
1.8mg
ビタミンA
305µg
ビタミンE
1.4mg
ビタミンB1
0.39mg
ビタミンB2
0.22mg
ビタミンB6
0.30mg
ビタミンB12
0.3µg
葉酸
25µg
ビタミンC
18mg
ビタミンD
0.3µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

豚肩ロース(脂身なし)
50 g
50.0 g
Aしょうゆ
小さじ1/6 (1 g)
1.0 g
A酒
小さじ1/6強 (1 g)
1.0 g
A卵
8 g
1/6個 (9.4 g)
A片栗粉
小さじ1/2 (1.5 g)
1.5 g
にんじん
40 g
1/3本 (44 g)
ピーマン
15 g
2/3個 (18 g)
玉ねぎ
30 g
1/6個 (32 g)
揚げ油
小さじ1と1/4 (5 g)
5.0 g
ごま油
小さじ1/2 (1 g)
1.0 g
にんにく(微塵切り)
1 g
1/4片 (1.1 g)
【甘酢あん】
大さじ1と2/3 (25 g)
25.0 g
しょうゆ
小さじ3/4 (4.5 g)
4.5 g
小さじ1弱 (4 g)
4.0 g
三温糖
小さじ1 (3 g)
3.0 g
ケチャップ
小さじ1/3強 (2 g)
2.0 g
小さじ1/3強 (2 g)
2.0 g
ごま油
小さじ1/4 (1 g)
1.0 g
豆板醤
小さじ1/6弱 (1 g)
1.0 g
B片栗粉
小さじ1/3 (1 g)
1.0 g
B水
小さじ1/2 (2.5 g)
2.5 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

肉と野菜は1口大に切り、Aで肉に下味をつけておきます。

2

甘酢あんの調味料を合わせておきます。Bの材料は他の調味料とは別にあわせます。

3

180℃の油で、にんじんを竹串が刺さるまで揚げ、ピーマン・玉葱もさっと油通しします。肉はからりとなるよう2度揚げします。

4

中華鍋にごま油を熱してにんにくを炒め、香りが出たら2の甘酢あんを入れます。

5

4が煮立ったら、2の水溶き片栗粉を少しずつかき混ぜてながら加えトロミをつけます。

6

2の野菜とお肉を入れ、全体に絡ませ完成です。

最近見たレシピ