文字サイズ

トムヤンクン鍋

管理栄養士のおすすめコメント

血圧を下げる働きのあるタウリンや、カリウムが含まれ、血圧が高めの方にもおすすめ。煮汁を残せば、さらに減塩できます。

栄養価(1人分)

煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記のリストから除いてあります。

材料(1人分)

スープ
200 ml
トムヤンクンペースト
大さじ2/3 (12 g)
ナンプラー
小さじ3/4 (4.5 g)
洋風だしの素
小さじ1弱 (2 g)
にんにく
1.5 g
具材
えび
30 g
いか
30 g
たら(生)
大さじ2と1/2 (30 g)
キャベツ
80 g
しめじ
30 g
えのきだけ
30 g
にら
40 g
レモン果汁
小さじ1 (5 g)
フォー
30 g

分量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、 食べられる部分の分量を表示しています。

手順

1

たら、いかは食べ易い大きさに切り、えびは背わたを取り背開きにします。

2

キャベツ、にらは食べやすい大きさに切り。しめじはほぐし、えのきだけは食べやすい長さに切ります。

3

鍋に材料を入れて煮込みます。この際、魚介は火を通しすぎると固くなるので注意し、にらは最後にさっと加熱します。

4

好みでレモンを絞っていただきます。最後はフォーでしめるのがおすすめです。

5

※煮汁は可食量の8割で栄養価計算しています。

https://oishi-kenko.com/recipes/7964