読む、えいよう

熱中症や脱水のもしものときに。経口補水液の作り方

1290

厳しい暑さが続くなか、体調管理はもちろん、熱中症の対策が必要です。

熱中症とは、体温が上がることによって引き起こされるさまざまなからだの不調のこと。公園や道路など日差しが当たる屋外にいるときはもちろん、車のなかや気密性の高いマンション、風通しの悪い室内でも起こります。

この熱中症、予防として意識をしたいのが「水分補給」です。
そして「熱中症?」「脱水かも?」というもしものときのために、「経口補水液」があると安心です。

経口補水液は市販されていますが、実は家にある材料で手作りすることも可能です。
今回は、熱中症予防に大切な水分補給についてと、初期の脱水時に飲める経口補水液の作り方をお届けします。

熱中症予防には、こまめな水分補給を

人間のからだの約60%は水分であり、そのうち5%を失うと脱水症状や熱中症などの症状が現れると言われています。ちなみに、人間が1日に必要な水分量は2.5リットルで、食事と飲み水、体内で作られる水で確保しています。水分排出量も同様に2.5リットルで、尿や便、呼吸や汗から排出しています。※1

夏はほかの季節に比べて発汗量が多く、水分排出量が多くなる時期。のどが乾いてから水分を摂るのではなく、乾いていなくても意識して水分補給をすることが大切です。

また、入浴中や就寝中は汗をたくさんかくため、水分が不足しがちです。入浴後や起床時は、水をしっかり飲むようにしましょう。

塩分の補給も大切です

大量に汗をかくとき、体内の水分とともに、ナトリウムなどのミネラルも排出されてしまいます。脱水状態になりさまざまな症状を誘発するため、水分補給はもちろんのこと、ナトリウムを構成する塩分やその他ミネラルを補給する必要があります。

夏の水分補給の定番である麦茶は、ミネラルが含まれるので熱中症の予防にもなります。スポーツドリンクは、運動や屋外の作業などで大量に発汗するときに飲みましょう。

経口補水液を飲むのは、熱中症による初期の脱水症状があるときなど、「もしも」というときです。塩分や糖分が含まれるので、飲みすぎには気をつけて。また、高血圧や糖尿病、腎疾患などの治療中で食事療法をしている方、高齢の方、小さなお子さんは、経口補水液を飲む前に必ずかかりつけ医の指導に従ってください。

1分でできあがり。経口補水液の作り方

1291

熱中症による初期の脱水症状があるとき、回復期などで水分補給が必要なとき。すぐに病院に行けないときにも、手作り経口補水液を覚えておくと安心です。

作り方を説明します。

材料(作りやすい分量・ペットボトル1本分の約500ml分)

水 …500ml 塩 …小さじ1/4 砂糖 …20g

作り方

すべての材料をよく混ぜ、塩と砂糖が溶けきればできあがり。

ポイント

・慣れない味で飲みにくいかもしれませんが、砂糖や塩、水の量はアレンジせず、分量どおりに作りましょう。これはナトリウムと糖が、からだに素早く吸収される濃度に調整しているためです。バランスが崩れないように正確に軽量してください。

・塩分のほかに、糖分も含みます。常飲はせず、必要なときだけ飲むようにします。

・冷やしすぎると胃腸への負担がかかります。冷たくしすぎず、体温と同じくらいの温度が最適です。

・手作りなので保存はききません。その日に飲み切るなど、翌日には残さないようにしましょう。

ココは気をつけて

・高血圧や糖尿病、腎疾患などの治療中で食事療法をしている方、高齢の方、小さなお子さんは、経口補水液を飲む前に必ずかかりつけ医の指導に従ってください。

・熱中症や脱水症状が現れたときは無理せずに休んで。いつもと違うなと感じるときや不安がある場合は、医療機関を受診しましょう。

「困ったときに」でもご覧いただけます。
手作り経口補水液

レモンを加えてアレンジしても

1292

レモンを加えた「レモン入り経口補水液」。さわやかな風味で飲みやすく仕上げました。
レモン入り経口補水液

もちろん食事と睡眠も

睡眠不足や疲れがたまっているとき、食事をしっかり摂れていないときも、熱中症になりやすくなります。3食バランスよく食べ、休養をきちんととることで、暑さに負けないからだをつくることができます。

※1 「健康のため水を飲もう推進委員会」(厚生労働省公表)より

編集:おいしい健康編集部
監修:おいしい健康管理栄養士