「花にら」が主役 具だくさん減塩焼うどん

「花にら」が主役 具だくさん減塩焼うどん

管理栄養士のおすすめコメント

焼うどんにすることで食塩量は1.5gに。野菜や肉も加えることでバランス良く栄養が摂れます。「ハートレシピ 高知編 」より

栄養価(1人分)

カルシウム
62mg
マグネシウム
52mg
リン
236mg
1.9mg
亜鉛
2.0mg
ビタミンA
169µg
ビタミンE
2.1mg
ビタミンB1
0.67mg
ビタミンB2
0.27mg
ビタミンB6
0.36mg
ビタミンB12
0.5µg
葉酸
93µg
ビタミンC
17mg
ビタミンD
1.1µg
煮物や麺類の残り汁など、実際には食さないと想定される栄養価は、上記リストから除いてあります。
読み込み中 読み込み中

材料

ゆでうどん
250 g
250.0 g
花にら(または、にら)
40 g
1/2束 (42 g)
舞茸
20 g
1/4パック (22 g)
豚もも肉
60 g
60.0 g
京ねぎ
20 g
22 g
むきえび
10 g
13 g
人参
15 g
1/8本 (17 g)
植物油
大さじ1/2 (6 g)
6.0 g
こしょう
少々
0.1 g
とんかつソース
大さじ2/3 (12 g)
12.0 g
花かつお
1 g
1.0 g
青のり
少々
0.1 g
※ 使用量は野菜の皮、肉・魚の骨や内臓を取り除いたもので、食べられる部分の分量を表示しています。
※ 買物量は廃棄される部分も含んだ分量を表記しています。例: あさり(殻付き)の場合 使用量40g 買物量100g

手順

1

うどんは、熱湯でさっと茹でてざるにあげておく。

2

豚肉は、2cmにカットして、むき海老は洗っておく。

3

花にらは、3cmにカットし、残りの野菜も食べやすい大きさにカットしておく。

4

フライパンを火にかけ、1/3量の植物油を熱し、豚肉を入れて炒める。十分火が通ったら皿に取り出す。

5

残りの植物油を熱し、人参、京ねぎ、舞茸、むきえびを炒め、こしょうを振る。続けて半分に切った麺を入れて炒める。

6

花にらを入れて、豚肉を戻し、とんかつソースで味をつける。

7

皿に移し、上から花かつおと青のりをかける。

レシピQA

Q.

塩分0のうどんの場合この調味料で全体の塩分はどのくらいになるのでしょうか。

2019年05月15日
A.

ご質問ありがとうございます。 塩分0のうどんを使用した場合、全体の食塩相当量は「0.8g」となります。 一般的なうどん(ゆで)は、250gで「0.8g」の食塩相当量です。

おいしい健康管理栄養士
2019年05月16日
最近見たレシピ